絶対王者の真実☆捕捉しました~羽生結弦選手の光と闇~

皆さん、こんにちは。ルーンタロット予報へようこそ。
まずは、お清め画像です。諏訪大社の大ケヤキ ^^) _旦~~
d0374817_12373314.jpg
















 こちらの欅は、「贄掛けの欅」と言われていて、樹齢1000年を超える欅です。
贄とは、御狩りでとった獲物のことで、狩った獲物を、この欅にかけてお供えして、
日々の感謝と、狩りの無事など祈ったいわれたといいます。

この木の辺りを通ると、癒される感じがしまして、トップの画像にもしています。

さて、第2回目は、絶対王者、羽生結弦選手です。

d0374817_12492590.jpg
「五輪連覇」「男子フィギュア66年ぶりの悲願」の報道が、連日続いていますが、当時のほかの選手の演技の高さに反して、
金メダルを獲ったとはいえ、羽生選手のぱっと見不自然な、点数が一部で話題になっています。
「転倒さえしなければ、(金メダルは)とっていた」という、宇野選手の意味深な言葉、羽生選手の多弁さを見ていると、
フィギュア素人でさえも、「おや?」と思うところがあります。

とくに、彼が師事しているブライアン・オーサー監督は、バンクーバーオリンピックで、金妍児選手を監督しており、
「トリプルアクセルが跳べなくても、高い評価点を獲れる」「フィギュアの採点システムがわかれば、勝てる」
という、フィギュア界に異例の事態を起こさせました。

このため、技術力と表現力の高い選手は正々堂々と戦うことができず、
しがらみによって勝たせたい選手を勝たせてしまう
ようになったといわれています。



d0374817_12534124.jpg















前置きが長くなってしまいました。それでは、羽生結弦選手のタロット結果を、小アルカナ、大アルカナ
占っていきます。小アルカナは、ケルト十字法で。
大アルカナで5枚引きで占った結果を書いていきます。

  1. 現在(日常的な彼の身の回り):剣の3(正位置)
  2. 妨害/援護:ペンタクルのエース(正位置)
  3. 顕在意識: 剣の6(正位置)
  4. 潜在意識: ペンタクルのペイジ(正位置)
  5. 過去: 棒の3(正位置)
  6. 未来: 剣のキング(逆位置)
  7. 今後: 棒の6(正位置)
  8. 人から見た対象者: ペンタクルの3(逆位置)
  9. 恐れていること(理想): 剣の9(逆位置)
  10. 結論: 剣のペイジ(逆位置)

まずは、彼の基本的な素地ですが、ですが、剣の3の正位置が出ています。
3本の剣によって、ハートが刺さっている衝撃的なカードですが、
「傷つく」「悲嘆にくれる」「失望」という意味合いがあります。
比較的、被害者意識が高いかもしれません。しかし、ここに2のペンタクルのエース(正位置):現実的な成功
が援助して、チャンスへと行かせます。
要するに、逆境こそ、彼の原動力です。
自分を追い込むタイプで、良く言えば、向上心が高い人と言えるでしょう

実際に、今回の五輪では、靭帯裂傷という怪我を乗り越えての金メダルという結果になりました。
d0374817_19161781.jpg
                      

d0374817_19380060.jpg
ペンタクル(金貨)のカードは、「土」のエレメント
現実的な成功を表す。

さらに、彼の基本姿勢を支えるのが、3:剣の6です。

d0374817_00275595.jpg

今まさに、6本の剣で武装しながら、船を漕いでいるこのカード、「困難からの脱出」を意味します。
彼の場合、ギリギリのところまで冒険して、すんでのところで上手く回避する特性があると思います。

義母の話によれば、実際に、彼のスケーティングは、難易度の高いジャンプに挑戦する癖があるため、
「見ているほうがひやひやする」そうです。

また、靭帯損傷のケガがなければ、おそらく4回転ルッツに無理に挑戦した可能性が
高かったといわれています。オーサーは、口酸っぱく彼に「無理に挑戦しないように」と言っていたそうです。

潜在意識には「努力」「真面目」を意味する「ペンタクルのペイジ」があります。目的のためなら、
相当な努力を惜しまないでしょう。

ここまでが彼を構成する基本的な性格です。

次に気になるカードは、6:剣のキング(逆位置)です。
ここから彼の運勢は逆転します。
d0374817_00454796.jpg
正位置なら、冷静で優れた判断を下す王を意味する
名付けて、理数系王


このカードは、正位置なら「理論・理性で物事を処理する」「冷静さ」「クリエイティブ」を意味しますが、
逆位置になると「周りに対する冷酷さ」「残酷」「打算的」という意味になります。
周囲に対する関心は薄く、孤独でいることが割と平気なタイプではないでしょうか。
おそらく、人への接し方もどこか、見下していると思います。

それを証明するのが、8:ペンタクルの3(逆位置)です。
d0374817_00560511.jpg
ペンタクルの3は、同僚との仕事の上でのチームワーク

このカードは、正位置なら「協力」「周りの意見を聞きながら物事を進める」を意味しますが、
逆位置なので、「非協力的」「単独行動」を意味します。チームワークで動くのが苦手な暗示です。


しかし、周りに対する、無関心さから、自分が他人からどう見られてもいいかというとそういうことではないようで、
9:「剣の9」(逆位置) 悪口や陰口を常に気にしている暗示があります。
メディアやネットによるバッシングに対しては、人一倍気にかけているでしょう。
 
それを証明しているのが、過去:5「棒の3」(正位置)です。
d0374817_12314936.jpg
正位置は「先見の明」「リーダーシップ」を意味します。

要するに、羽生選手の場合、自分がどう行動すればよくみられるかが
わかっているので、ほかの選手と和気あいあいの光景をマスメディアで披露していながら「仲良しアピール」を
しているのです。特に、宇野昌磨選手への頭を撫でる行為や、メダルの位置を直してあげるお兄ちゃんアピールは、
自分が常に上だということを誇示しているんだと思います。

でも、迂闊でしたね。今はネットの時代になり見えないところでやっている様々な危険行為は、
個人でいくらでも公開できるようになってしまいました。

そして、10:「ペンタクルのペイジ」(逆位置)がでました。
d0374817_01094350.jpg
正位置なら、分析力のある冷静さ/困難に立ち向かう意味がある


逆位置は、「未熟さ」「無鉄砲さ」の意味になるカードです。今までの衝突事故や怪我の多さから考えると、
高い技術をもっているかもしれませんが、異常な自分への過信が災いしていると思います。

最終的に、これが彼の結末になっています。

さて、ここで、「このカード見覚えがある…」と思いあたったら、相当、鋭いです(笑)

そう、前回のFSの1:現状に出ていたカードなのです!

これは、推測ですが、あのフリースケーティングでは、羽生選手の存在がよくも悪くも影響したのではないでしょうか。

ここで、ルーンカードの登場です。ルーンカードでも17日のフリースケーティングについて占いましたが、

過去に、IS(イス)あらゆる人間関係の終わり/恨みの残る関係
が出ていました。表面には出てきませんが、決定的に今までにあった仲間内の意識が変わった何かがあったと思います。


その結果、未来に、EHO(エオー)逆位置:思わぬ出来事/ダークホースの登場: ネイサン・チェン選手や、宇野昌磨選手、フェルナンデス選手などの選手の躍進がありました。


そして、宿命には、JARA(ヤラ):努力による勝利/自然の流れによって得る糧
が出ていたので、この出来事は、今のフィギュア界にとって、選手たちの大きな一歩になったのではと思います。


 
d0374817_01325197.jpg
d0374817_01330503.jpg
なんと、フェルナンデス選手も衣装がブラック!
d0374817_01335454.jpg
さて、最後に羽生選手のフリースケーティングの流れを5枚のカードで占った結果を公表しましょう。

1:現状:女帝(正位置)
2:現在の状況から考えられること:悪魔(正位置)
3:アクシデント:星(正位置)
4:未来:教皇(正位置)
5:遠い未来:世界(正位置)

2の悪魔(正位置)から3~5にかけて起こっている爆発的な運勢の良さに注目です。

私は、これで、羽生選手の今後が見えました。

続きます。






































[PR]
by runenoyakata | 2018-02-24 01:44 | 占ってみました | Comments(0)

タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。天気予報のような感覚でお楽しみください。


by runenoyakata