宇野昌磨選手~「戊戌」に遣わされたスーパースター~

皆様こんにちは。ルーン・タロット予報へようこそ。まずは、お清め画像からどうぞ(*^▽^*)
d0374817_19134519.jpg
写真は、蓼科の横谷峡の人工氷瀑です。こちらの氷瀑は、噴水状に水を噴き上げ、氷点下の中凍らせる
という荒業で作られています。
ずーっと、山道に入っていくと、乙女滝の天然氷瀑を見ることができますが、
今回は、足場が悪いので断念しました。まだまだ、3月いっぱいまで見ることができますので、
ぜひ、見に行くことをお勧めします。ただし、晴れた日に限りますが…。(*´ω`)

さて、今回は、平昌オリンピックで、銀メダルに輝きました宇野昌磨選手を取り上げたいと思います。

d0374817_19260454.jpg

宇野昌磨選手について、Wikiでちょっと調べてみました。
【特技】
  • 5種類の4回転ジャンプ(フリップ、トゥループ、ループ、サルコウ、ルッツ)と6種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。
  • トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はイーグルからの入りで跳ぶことが多く、常にGOE(出来栄え点)2〜3がつく得点源となっている。

個人的には、イーグルからの3回転半って、【出来栄え】よりも
技術点で加算していいんじゃないかと思うんですけど…(-_-)。どうなんでしょう。
こういうところが、よくわからない。
d0374817_21094330.jpg




戦歴は、ここ2~3年間だけでも、
  • グランプリファイナル、2015年バルセロナ(男子シングル)で銀メダル。
  • グランプリファイナル2016年マルセイユ(男子シングル)で男子シングル銅メダル 
  • グランプリファイナル2017名古屋で男子シングル銀メダル
  • 世界別対抗2017年東京団体で、金メダル
  • 四大陸選手権大会2017年 江陵男子シングルで、銅メダル 2018年台北で、銀メダル
  • 世界選手権 ヘルシンキで銀メダル

北京オリンピックには、ちょうど24歳くらいですけれど、まだまだ行けそうな感じがしますね。


多彩な、ジャンプと繊細な演技は、やはり師匠の浅田真央さんと被ります。なかなか、トリプルアクセルが跳べなくて、
5年間、練習して、練習して、2014年に跳べるようになったそうです。でもって、↑の戦歴でしょ…。化け物かいな(; ・`д・´)
「天然」「天才」と言われているけれど、実は、努力の人なのですね。
こんな逸材を見出した真央さんの見る目も素晴らしいです。


d0374817_21230035.jpg
あこがれは、高橋大輔選手であって、特例君ではないのですよ。メディアはええ加減にせいよ!

何よりも、飾らない彼のスタンスは世のお姉さま、マダム様を虜にさせてくれます。
クリムキンイーグルを滑る彼には、ドキドキします。まさに、曲と一体化している瞬間を感じさせるからです。
d0374817_21362177.jpg
d0374817_21430624.jpg



d0374817_21440398.png
で、これですよ。このギャップ!この発言、どよめくでしょうよ。


ちなみに、何某が「わんこみたいでかわいい」と言っていましたが、かくいう私も、
「子犬っぽいなぁ。かわいいなぁ」と漠然と思っていたのですよ。 ファンの方、気分を害されたら申し訳ないです。

そして、なんと、今年2018年は、「戊戌」ではありませんか!戊戌は「大変革、大変化」の年。
戊(つちのえ)は「茂が語源で、草木が繁盛して盛大になること」。
戌(いぬ)「切るという意味で、草木が枯死すること」。

ようするに、枯れるもの切られるものがある側面で、新しい始まりや繁栄が起こることなのだそうです。
また、伏見顕正先生のブログによれば、

戊戌の十二運は墓で、やや、弱いですが、やはり保守です。
墓は、墓庫を開くという意味も有ります。王様の墓を開くと、財宝がザクザク、
「アークレイダー」の世界です。伏見顕正の政経塾と四柱推命

まさに、彼の存在こそが、今の長年の汚職につかりきった日本スケート連盟と採点不正疑惑の連中に
一矢報いているのではないかと思います。

☆「わんこみたい」などといったあいつは、認めたのだと思います。
自身に返ってくる【呪文】を自分にかけたのです。

というわけで、前置きが長くなりすぎました。彼の占い結果について公表しましょう。
いつもの通り、ケルト十字法で占いました。

  1. 現在:カップの2(正位置)
  2. 妨害/援助:棒のナイト(逆位置)
  3. 顕在意識:剣の2(逆位置)
  4. 潜在意識:剣のクィーン(逆位置)
  5. 過去:棒の5(正位置)
  6. 未来:ペンタクルの8(逆位置)
  7. 今後:剣の8(逆位置)
  8. 周囲から見た対象者:棒の7(逆位置)
  9. 恐れていること/理想:剣の7(正位置)
  10. 結論:カップのエース(正位置)

まず、1に「カップの2」が正位置で出ています。このカードは、「絆」や「パートナーシップ」
「情熱」「友情」を表します。
彼の基本的な人間性は、義理堅く、感情面でのつながりのある人との出会いや触れ合いが、
彼自身に大きな変革をもたらしてくれるということになります。
フィギュアスケートを始めたきっかけが、浅田選手との出会いでしたし、
4回転ジャンプも無良選手の協力と教えがあったからだといわれています。
d0374817_22314002.jpg

しかし、そこに2妨害/援助「棒のナイト」(逆位置)が登場します。
d0374817_22330787.jpg
正位置なら、棒のナイトの正位置は、「勇敢さ」「大胆さ」を意味しますが、逆位置になると「無鉄砲」「衝動的」
「軽率な行動」という意味になります。これは、外部の存在。おそらく羽生選手のことではないかと思います。
また、宇野選手は、表面的には冷静さを保っていますが、反面、人を傷つける行動や発言に対しては、相当
肚に据えかねていると思います。このカードは、羽生選手と宇野選手の関係が危うくなっていることとも取れます。

羽生選手の未来をルーンカードで見ますと「IS:イス=氷」の暗示があります。
ISは、凍ってしまった状態=膠着状態/低迷などを意味し、人間関係の終わりも意味します。

ここ1年、我慢の場面もありますが、いずれ、羽生選手から縁が切れていくのではないかと思います。

次に、3:顕在意識に、「剣の2」(逆位置)が出ました。
d0374817_22452768.jpg
正位置なら「心を閉ざす」「バランスを保つ」意味合いがありますが、逆位置になると、「見切り発車」「妨害」
の意味になります。某選手の仲良しアピールが相当応えているかもしれません。あるいは、さまざまなメディアで
取り上げられていることにストレスを感じている可能性があります。

4:潜在意識には、「剣のクィーン」(逆位置)が出ています。これは、3を受けてのことだと思われます。
逆位置になると「イライラする」「批判的」な意味合いがあります。
剣のクィーンは、明瞭であること、現実的な計画の元で行動、率直であることに重点をおきますので、
宇野選手は、自分の感情にとても素直な人といえます。
d0374817_22541753.jpg
剣のクィーン:正位置なら、思慮深さ、迅速な決断力、正直を意味する。
絵に描かれている、雲は、クィーンの悲しみの感情を意味し、青空は、
その悲しみを乗り越えようとする暗示といわれている。

5:過去:「棒の5」(正位置)が出ました。
d0374817_23024324.jpg
正位置は「ライバル同士の争い」「チーム内の対立」を意味します。これは平昌オリンピックで起こった、
羽生選手やスケート連盟に対する葛藤と、その後の終わりを表しているカードといえます。


そして、6:「ペンタクルの8」が逆位置で出ました。正位置は「熟練工」「匠」「専門性の高さ」を表しますが、
逆位置は、「未熟さ」を意味します。
まだまだ、これから、伸びしろがあり、成長し続けていくのが彼の未来の姿です。発言の中でこれを裏付けているのが、
『五輪は、普通の通過点でしかない』ではないかと思います。

宇野昌磨の強心臓には「ワケがある」 町田樹の分析と宇野帰国後の発言
d0374817_23232698.jpg

これから、ますます楽しみですね。

7:今後には「剣の8」(逆位置)で出ました。女性が後ろ手に縛られ、目隠しをされているカードなのですが、
d0374817_23332762.jpg
正位置は文字通り「束縛される」「自由がない」といった意味合いがありますが、
逆位置は「解放される」「自由を取り戻す」という意味合いがあります。
これからは、もっと力を解き放ち、ますますスケーティングに磨きがかかっていく暗示です。
そして、5:「過去」との決別も近いことも暗示します。

そして、彼の恐れていることは9:「剣の7」(正位置)です。
d0374817_23404542.jpg
正位置は、「裏切り」や「現実から逃げる」といった意味合いがあります。彼が、今おかれている状態から、
逃げないで、うまく付き合っているのも、このカードが表しているように、「敵からは逃げない」「勝負には立ち向かう」
という強さを持っているからだと思います。

根本には、「カップの2」が証明する「絆で結びあった人たちへの恩返し」の気持ちがあるからだと思います。
彼の勝負強さは、孤独ではないことを知っているからかもしれません。

また、10:結論には、「カップのエース」(正位置)が出ました。
このカードは、「愛と絆」「調和」「共感」など、出会った人たちや、周りにいる人たちとの絆の
強さを表しています。

カップに始まり、カップで終わる。宇野選手のスケーティングと勝負や練習に対する真摯さは、
出会った人たちに対しての感謝の気持ちと優しさがあるのでしょう。

また、カップは水のエレメントなので、彼のスケーティングは、技の多様性だけでなく芸術的な繊細さも秘めています。
これから、宇野選手が年を経ていけば、技術力に加えて、「美」「優雅さ」「表現することの楽しさ」
を追及したフィギュアスケートの本来の楽しみ方が復活するかもしれません。

d0374817_23530611.jpg
出会いや感情の高まりのほかにも、
深く読み解くと、自己の内面に問いかける
意味合いもある。

ぜひ、これからも、出会いや絆に触れて、フィギュアスケートの楽しさを後世に伝えていってほしいと思います。
彼の成功を心から祈っています。

d0374817_00074533.jpg



















[PR]
by runenoyakata | 2018-03-03 00:09 | 占ってみました | Comments(0)

タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。天気予報のような感覚でお楽しみください。


by runenoyakata