小堀邦夫靖国神社宮司の辞任について占ってみた~今年中の復帰の可能性と生前退位の予定と

皆様、こんにちは。ルーン・タロット予報へようこそ。朝夕、寒くなってきましたね。体調には、十分にお気を付けください。
d0374817_17465481.jpg
さて、今回は、天皇陛下の慰霊の旅を批判した小堀邦夫靖国神社宮司がことで辞任されたニュースについて取り上げたいと思います。
人それぞれ、捉え方はありますが、この件に関して、「不敬」というのは当たらないでしょう。なぜなら、不敬罪は1947年に日本国憲法の上では廃止されています。

ただし、一般的に言う、名誉棄損罪などには当たることもあるので、言い過ぎはダメよということらしいです。あとは、個人の裁量…多分、これが今回の小堀氏の発言の揚げ足取りになってしまったのかなと。
wiki情報ですが、告訴者が、天皇、皇后、皇太子などであれば、内閣総理大臣が代わって、告訴できるそうですよ。

現行法律下では告訴権者が「天皇、皇后、太皇太后、皇太后又は皇嗣」であるときに内閣総理大臣が代わって名誉毀損罪や侮辱罪の告訴を行うことができるのみで、適用される法律自体は一般国民に対するそれと変わらない(刑法232条2項・同条1項、同章)。



今回のこと、「誰が」解任の方向に差し向けたのか、見えてきそうですね。さて、今回もグランタブローからお付き合いください。
d0374817_23505502.jpg
小堀邦夫宮司さまが解任された背景について
プチ・スクエア
【鞭】【鍵】【家】
【指輪】【騎手/本人】【太陽】
【クローバー】【庭】【鳥】

☆.4つの重要なカードと最初の3枚
騎手、子ども、星、十字架
これは私的な見方ですが、グランタブローを置く順番で、対象者が何を重要視しているかの優先順位が見えてくる時があります。
(左から右に並べます。)
騎手のカードは、最初の3枚のうちの1枚です。騎手は、「すでに起こっている出来事」「ニュース」を意味します。最初の3枚は、【騎手】【手紙】【本】です。そのまま読んでみますと、【手紙】【本】に関するニュースが突然に小堀宮司様のもとに入ったということになりそうです。【手紙】【本】はかなりの書類だったようです。本は秘密を表しますから、「皇室に関する、ある秘密を知ったうえで、あの発言をされた?」と読めそうです。その秘密は、庭と月にある。庭と月は、私たちもよく知っている人物ということでしょう。

で、ここから大事です【月】【鞭】は厄介な事例を。【鞭】【ハート】は愛の紛争、情熱的な関係を意味します。あるいは、セックスだけの関係…それが、皇室内で起こっていたことを示唆していると読めそうです。

2番目の子供のカードについて、子どもの後ろには、【ハート】【タワー】【子ども】となっています。
【ハート】【タワー】で大きな愛を意味します。【タワー】【子ども】は養子縁組エイジェンシーなどを意味します。そのまま読んでみると、甘やかされて、育った孤独で、養子縁組状態の子供・・・・・

おそらくですが、これは現皇太子の出生の秘密を暗示しているのではないでしょうか。
養子縁組なんて、とても意味深です。今の皇太子さま随分、脚が短くなられるときがあります。不思議ですねぇ。

3番目のカードは、【星】【太陽】【指輪】が出ています。【星】【太陽】で、思わぬ幸運や名誉を意味し、【太陽】【指輪】は素晴らしい関係、関係の成功などを意味します。グランタブロー上の小堀氏を示すカードからは、遠い位置にあります。
4番目のカード十字架の後ろには、【道】【ネズミ】【十字架】が出てきました。【道】【ネズミ】で、ストレスの多い選択肢、極度の疲労を意味します。【ネズミ】【十字架】哀しみや喪失、不安
これは、現東宮に対する失意だったり、これからの不安を表すものでしょう。仮に、最初に読んだカードのようなことが真実であれば、神道の在り方について危惧されているということになるでしょう。

☆.遠い/近い、ミラーリング

比較的近いカード:【犬】【クローバー】【棺】【鎌】/【ハート】【鞭】【タワー】【子ども】【狐】【コウノトリ】【淑女】など
遠いカード:【雲】【船】【鍵】【花束】/【騎手】【手紙】【本】【庭】【月】/【蛇】【家】【百合】【山】【樹】など

遠いカードから見ていくと、【騎手】【手紙】【本】が遠くにあります。現皇太子や皇室で過去起こってきた秘密については、かなり前から知っていたとみていいでしょう。【雲】【船】【鍵】は不確実な旅が成功の旅に変わる。最初は信じていなかったニュースだったのでしょう。でも、それは中っていたと考えられます。

【庭】【月】=現東宮との位置が遠くなっているのは、小堀氏の心理状態を表していると読むことができそうです。【蛇】【家】【百合】
【家】【百合】は旧家=長く続いた皇統の家系に蛇が入り込んでいる状況です。【山】【樹】は長期的な健康問題。かなり長い間、浸食され続けてきた現東宮の状況を表していると考えられます。

近いカードは、ミラーリングとも関連しますので、併せてみていきます。【犬】【クローバー】【棺】です。犬とクローバーは皇太子のことでしょう。しかし今は【クローバー】【棺】で危険な存在と認識しているようです。小堀氏の隣には、鎌のカードが出ました。
【鎌】のカードを横軸ミラーリングで見ると、【棺】が出てきます。これは、犠牲を意味するカードです。今回の発言は、解任覚悟の発言だったということを意味しています。
(【星】【太陽】【指輪】から遠いのは、自分の地位を懸けた要素があったのかもしれません。【ハート】のカードが近いのも、彼の信条を表しているようです。)
プチスクエアに出ている、小堀氏を取り巻く環境には、【太陽】【指輪】のカードが出ています。グランタブローと併せてみると、一見不遇な状況に置かれていますが、プチスクエアでは、【指輪】【騎手】で、新たなビジネス関係=騎手は、ニュースを意味しますので、予想外に解任されたことに対して、国民からの批判が多かったということになりそうです。
【騎手】【太陽】成果や成功=解任されたという事実が、ある意味で功を成したと読むことができそうです。

【鎌】の上には、子どもが、下には淑女がいます。【タワー】【子ども】は得体のしれない人物。【コウノトリ】【狐】は、陰謀に長けた狡猾さを、【狐】【淑女】は長年、国民や周囲をだましぬいてきた女狐の存在を示唆しています。そして、この女狐は、いずれ、【淑女】【十字架】で、罪を背負う羽目になるようです。

(しかも、その十字架はネズミによって浸食された、破滅を意味する十字架のよう。ネズミと十字架の組み合わせは、「喪失」「不安」「悲しみ」。厳しいですなぁ。)

プチスクエアを見てみましょう。【クローバー】【庭】【鳥】のカードが出てきています。ミラーリングにもクローバーのカードが出ているように、いずれ、楽観できる状況が訪れる暗示です。【クローバー】【庭】は、社交イベント【庭】【鳥】は公共の集会やスピーチ。奇しくも、今秋の11月9日で、両陛下ともに最後の園遊会になるそうですから、11月が1つの山場を迎えることになると読めそうです。




【小堀邦夫靖国宮司が復帰される可能性を占う/2018年~2019年:生前退位についての日程と照らし合わせてみる】

まずは、小堀邦夫宮司が復帰される可能性について、ノルンの神託
YR(正位置/正逆なし)指輪+魚/DAEG(逆位置/正逆なし)道+手紙/RAD(正位置)雲+星

時間の流れや日の流れを意味するYRやDAEGのカードが出ていることから、しばらくは待つことが大事なことになるようです。DAEGは、ある時期に入った時に、改革、変化の時に備えることを暗示していて、道と手紙は、決定をもたらす知らせを意味します。雲と星は、延期を意味します。この先、生前退位に向けて動いていくとは言え、それは一筋縄ではいかない状況が起こるのかもしれません。
この混乱した状況になったときがチャンスかもしれません。

(後程詳しく掲載しますが、ホロスコープ2019年の結論は、愚者【逆位置】月+山です。)

大アルカナ5枚引き+ルノルマンでも見てみましょう。

現在:死神(正位置)狐+子供:ずる賢い、子供のようなわがままに振り回され、現在は職を解任された状況。
現在から考えられること:月(正位置)庭+魚:隠れた敵の存在がいる状況。今は身をひそめるときにある。
庭と魚は、ユニオンや銀行。今回の出来事は神社庁などの内部で結託と金銭のやり取りが発生している可能性がある。
アクシデント:正義(正位置)樹+クローバー:今回の解任について、おかしいという声が国内で起こり始めることで、復帰の兆しが見え始める暗示。
未来:女教皇(正位置)本+花束:現東宮に関する、過去から今にかけての状況が丹念に調べられ、天皇の本来の在り方改めて注目されていくことで、真実が明らかになっていく。(解任についての背景も明らかになるかも。)
遠い未来:皇帝(正位置)タワー+鳥:議会での話し合いによって、改めて要職に復帰されていく可能性を暗示。

【2018年の復帰の可能性】

11月:最後の審判(逆位置)鳥+樹
:取り巻く環境は、10月と同様、厳しい状況です。ただ、鳥+樹で、重要な会話のカードが出ていますので、例えば、生前退位に向けた会議で、意見を求められるかもしれません。

12月:星(正位置)淑女+雲: 復帰の希望が持てる時期になるかもしれません。淑女と雲は、不安定で困った状況が訪れることを暗示しています。この淑女は。誰でしょうね。現女帝様か、あるいは、来年皇后になるつもりでおられる方か。

そういえば、米中間選挙が終わった後について占ったら、
未来に隠者(逆位置)百合/花束が出ました。百合と花束は、喜びを意味しますので、北朝鮮情勢、何かしら動きがあるんじゃないでしょうか。

半面、過去:女帝(正位置)狐/山が出ていて、金正恩を操ってきた女帝様も失墜の状況に陥っていくみたいです。
恐れていることにペンタクルの5(逆位置)犬+紳士:日本の経済制裁が効きまくっている状況がこれからも続くのがつらいようですね。
今後には、ペンタクルの2(逆位置)コウノトリ/鎌:二股外交を突然辞めざるを得ない状況になるようです。

そういえば、最近の皇室って、なぜか北朝鮮の情勢とともに、何かしら動きがあったり、影響があるっていうじゃない。不思議だなぁ。何もないといいですねー。(棒)

結論:悪魔(正位置)十字架+錨:今回の退任についての裏側が明らかになるかもしれません。今回のことに味を占めて、また悪いことに挑戦する可能性も示唆しています。しかし、それは大きな十字架を背負う前哨となる…。自滅するまでやるんでしょうね。
まぁ、存分におやんなさいな(´_ゝ`)

さて、2019年の生前退位の日程が出ています。皇太子さまの即位、5月1日で、改元も決まるようですが、どうも、その前後が不穏当なんですよ。


3月:教皇(正位置)手紙+騎手:皇室が正しく続くために必要な事実が明らかになる。騎手が手紙を持ってくる=現皇室にとっては痛いニュースが出てくる暗示。
4月:悪魔(逆位置)庭+蛇:庭と蛇は、女性の乱れとか満たすとか…要するに乱倫なことが皇室内で起こっていたということ。先の騎手が持ってくるニュースは、もしかすると、皇太子の出生の秘密だったりするんじゃないかな。なーんてね。(∩´∀`)∩

5月:隠者(逆位置)鎌+星:この日が改元で皇太子様が即位される日程となっています。
鎌と星は運命の変化…、隠者の逆位置をそのまま解釈すると、秘密が明らかになったり、異分子的な意味合いになります。一度は即位されるけれど…。でも、果たしてうまくいくかどうか…。

6月:死神(逆位置):百合+ネズミ:百合とネズミは、性感染症やアルツハイマー病を意味します。死神(逆位置)は中止、計画の変更、やり直しのなどの意味があります。そういえば、徳仁様、尿パックをつけてるとかつけていないとか、そういう噂がありましたね。即位はできても1年。あるいは1か月という可能性もありそうです。

話は変わりますが、本日15日、ついに消費税増税10%にGoサインが出ましたね。1週間前から日経平均株価が500円以上下げてきて、13日はナイアガラ状態。
15日は、午前中だけでも400円になったりしてました。怖いですねぇ。世界同時株安で週明けは、ブラックマンデーなんて言われていたこんなタイミングに狙ったようにドーン。

改めて、安倍総理が増税を本当にしたいのかどうかを占いました。ハイ、ドン(/・ω・)/
d0374817_19052175.jpg
ルーンだけで見ると、逆位置なので本気でやる気はないようです。
何で、発表したのかは、社会保障費や子育て世代への投資に充てるからー。はあくまでも建前なんでしょう。
1.コウノトリ+ネズミが出ているように、日経平均株価のチャートを見ても、動向はストレスフルな変化をしています。ペルソナダークは、仮面が壊れてしまい、今まで保っていたものが崩壊しつつある暗示を意味しています。

これ、今のお友達人事を壊すワンステップを踏み出したんじゃないでしょうか。

2.旧式的なものからの解放=OTHEL(逆位置):前回も出ましたが、安倍さん、また、何か、閉じ込めています。手紙と本はファイルやバインダー。これってもしかして、本は秘密を意味しますから、財務省の文書改ざん問題とかのことじゃないかしら…。この増税の布石って、もしかして財務省の再々編を試すためにやってる部分があったりして?「あらゆる政策動員を」って、恐ろしいわぁ。成果出なかったらどうなるのかしら…。折しも発表したのが、底下げ状態の世界同時株安の危機?!なタイミングです。

増税大好きの財務省、罠に堕ちたんじゃないの?今までもこれからも、具体的な政策をやろうなんて思ったことなんてないでしょうから。


3.NIED(逆位置):身動きの取れない逆境を作り出し、大きな壁が立ちはだかったことで、今度は、ヒーローライト(イニシアチブをとる、勝利、栄光、行動力:今が不安な状況でも、未来には光がある状況を作り出すなど)に転身しました。この山は、おそらく、今まで立ちはだかっていたものに対しての挑戦なのかもしれません。

そして、菅さんの言葉も気になります。「リーマンショックのような事態が起きなければ、予定通りに行う」11月後半から12月は、北朝鮮が過渡期になりそうなカードが出るし、来年の生前退位なんか、何かしら、トラブルが起きそうな予感ですし。え、それでも増税するの?来年のホロスコープは、愚者(逆)月+山ですが、意味は、惰性、月と山は孤独です。果たして、今上陛下も皇太子様も、来年、伴侶が傍にちゃんと、おられますでしょうかね?









波乱含みの10月ですが、来年の動きにかけて、大きなことが起こりつつあるのは確かではないでしょうか。





[PR]
Commented by くろねこ at 2018-10-16 18:28 x
みもりさま

こんばんは。
更新ありがとうございます。
小堀宮司の件はミテコにしたらさぞや痛いところをつかれた発言だったと思います。風邪で公務欠席するぐらい。。。わかりやすい人です。宮司は間違ったことはおっしゃっていない。再び要職につかれるべき方です。神社参拝で宮司のこともお願いしようと思いました。

消費税のことも占ってくださってありがとうございます。私のまわりはみなガックリきてましたね。10%は主婦からしたら痛い上乗せです。でも中国がどうなるかわからない。まだあきらめずに官邸メールしますね。移民の件も文藝春秋で失策だと特集がでたようですから反対派の追い風になればいいな。
魔女さまがコメントに国民の声は天の声だと書かれていました。本当にそう思います。国民が幸せになってゆけば必ず国は蘇ります。
Commented by runenoyakata at 2018-10-16 20:35
くろねこ様
コメントありがとうございます。靖国、揺れていると思いますよ。占いの結果から見ると、小堀宮司、あらかじめ、真実をご存じだった。だからこそ、今回の発言に至ったのではと私は見ています。

今年、実家で、お世話になった神主さんが亡くなりましたが、一昨年から去年にかけて、生前退位の件で、事態がかなり大変な状況であることを、母にボソっと話をしたそうなんですね。皇室のことについて語られる方ではなかったけれど、勘のいい方でしたから、何か掴まれていたと今では思っています。

皇室の状況がこれから、急変することが考えられますから、(おそらく、この生前退位に向けた予定も、変更する可能性は大いにあるでしょう)その時になれば、必要とされる存在になられると思います。
確かに、消費税10%は発表されました。しかし、今回は、財務省の勇み足だったようです。霊感雑記帳様の産経新聞と読売新聞の書き方の違いについて、注目してください。「安倍首相、15日の臨時閣議で来年10月の消費税増税への対策を指示へ」という見出しなんです。
http://ocaltpon.blog.fc2.com/blog-entry-620.html
さらに、この発表に際して、総理の臨時の記者会見もなかったわけです。(マスコミだけが先行して、既成事実を作る。どっかで聞いた手法ですね。)さらに、素人が見ても、10%分のポイント還元だの、コンビニのイートインは10%上乗せとか。キャッシュレスにしていくとか。すぐに出来ることとは思えないし、面倒になるだけなんですよね。かえって本当に、消費税増税する気あるの?って思いませんか。ブログにも書きましたが、北朝鮮の拉致被害者の奪還についても具体的な動きが出てきつつありますし、来年の生前退位も一波乱の予感です。世界の情勢も揺れています。こんな状況で、この発表をしてしまった財務省と読売、堪え性がなかったね。
官邸メールありがとうございます。とくに、e-gavでは、財務省に、いっぱい文句をつけてやりましょう。
Commented at 2018-10-20 12:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あみん at 2018-10-21 14:26 x
みもり様、こんにちは。

こちらは、日中は、まだましですが、朝方は寒く感じます。
昨夜、入浴の際、洗面所に小さな電気ストーブを入れました、寒いのは苦手です^^;
そちらは随分冷えるのではないですか?

私も、小堀宮司様、辞任覚悟のご進言だったと思っています。  
昭和帝の頃には、ちゃんとお上にご進言なさるお方がおられたそうですが、今は正しい事であっても、あちらにとって不都合な事柄は切られてしまって、そんな時代になって.....残念です。
小堀宮司様には何とか復帰して頂きたいです。

消費税、安倍総理は上げたくないのでしょうけど、周りに上げたい人達がいるようですね。
各々思惑があるのでしょう。
8%と10%を事細かに分けているけれど、本当にややっこしいです。  絶対に混乱すると思うけど--;

今は新聞テレビは事実を曲げて報道していますから、どんな情報も自分で確かめる事が大切ですね。 

昨日関西テレビに、参議院議員の青山繁治氏が出ておられ、日本の置かれている現状を話されていましたが、厳しいですね。  安倍総理とトランプ大統領が良好な間柄なので、辛うじて今の状況が保たれている。。。のだそうです。
そして、拉致担当に菅官房長官を据えたのは、外務省を信用していないから、それと、外務省では役に立たず、この問題は国と国とで話し合わなければ進まない、からだそうです。

さてタロット占い、少しずつですが、やっていますよ。  嵌ったみたいなんですよ^^
何度かフルデッキでやってみて、それはそれで興味深いのですが暫くは大アルカナのみで占って行こうと思っています。
もしお時間がありましたらおいで下さいませ。
HPのDiaryからよろしくお願い致します。

追伸です。
今の時代の総理大臣が安倍総理で良かったと思います。  水面下で色々な事が進んでいるようで、良い事より良くない事が多くて心が滅入ってしまいそうです^^;

お写真、彩雲のようですね、美しいです☆~

ではm^^m

Commented by runenoyakata at 2018-10-21 16:23
あみん様
コメントありがとうございます。関西地方も寒くなってきたのですね。風邪などには十分気を付けてください。私は、しっかり風邪をひいてしまいました。今年は、変な天気が続きましたから、何を温かい上着を何着か揃えたいなと思っています。こちらは、八ヶ岳に初冠雪です。これからが、一番乗り越えないといけない季節に入ります。

昭和帝のころは、進言できる環境だったのですね。昭和帝のお話を、私よりも上の世代の方に聞くと、「厳しく、怖い方だった」と皆さん言っておられます。最後まで自分を律される方だったのだと改めて思います。
お上と言えど、全てやることなすこと「お上の言うことだから…」「天皇のやられていることは絶対だ!」では済まされないはずですよ。こういうところが、天皇の在り方について勘違いを起こすもとになっていると思います。
小堀宮司は、就任半年でこのような状況に置かれたようですね。発言の音源を漏らした人は誰かを非常に気にされていたといいます。カードを見ると、誰かはなんとなく想像ついているみたいですし、今の東宮も、今回のことは藪蛇になるでしょう。ホロスコープ上では、11月を乗り越えて、待ちの姿勢が復帰に繋がると思います。(悪魔(逆位置)が出ても、正義(逆位置)の応酬があったので、中々厳しい目にあっているかもしれませんが。)

3枚引きで改めて占うと、月(逆)正義(正)恋人(正)の結果になりましたから、おそらく地味な復帰にはなるでしょう。でも、少なくとも、10月がこれくらい水面下で何かが起こっていますから、靖国側で緊急の事態が生じたときには、必要とされることになると思います。続きます。
Commented by runenoyakata at 2018-10-21 16:58
続きです。
>拉致担当に菅官房長官を据えたのは、外務省を信用していないから、それと、外務省では役に立たず、この問題は国と国とで話し合わなければ進まない、からだそうです。

外務省は、何もできないでしょうね。というか、官僚自体が頭でっかち、事なかれ主義、そのくせ、「俺らが、世の中回してるんだ」という自負だけは人一倍大きい方々ですから、財務省1つとってみても、お勉強ができても、世の中を広く浅く見て、これから、どう世の中が動くかというのには疎いんです。心ある官僚の方は皆さん辞めるそうですね。(リンク先の宇佐美さんもそうですね。ただし、官僚を辞めるとその後が大変だそうです。)
だから、政治家は頭が良くて、時には機転も利かない人じゃないと、霞が関の思うツボになります。
もういい加減、官僚言いなり政治を辞めないと、日本の政治は国民からまた見放されることになるでしょう。安倍さんも今、結構微妙な立場になっていると思いますが、どうにか踏ん張りどころです。拉致被害者奪還をどうしていくか。多分、具体的な方向に行きつつあると思います。北朝鮮、やけにおとなしくなってますし、何かありそうな予感です。
トランプさんも、どうにか今の状況乗り越えてほしいですね。サウジの問題、長引くだろうけれど…。

ちなみに、10月15日の首相官邸の「総理の1日」を見ると、消費税増税について、安倍さんが何も言ってないのが不思議です。(内容は、あくまで、今年起こった災害対策が中心。国民にとっても政府にとっても大事なことだから、消費税増税について話が出れば、載せると思うんだけれど。)

次で最後です。
Commented by runenoyakata at 2018-10-21 17:15
最期です。長々とすいません。あみん様のHP拝見しました。宇野選手の写真素敵ですね。見ているだけで和みます。

タロットカード、()君と宇野選手の対比、興味深いです。太陽の解釈、宇野選手を馬に乗ってる男の子に見立てたんですね。多分、その通りなんじゃないでしょうか。裸=ありのままをさらけ出して、愛される宇野君を、()君は嫉妬してますよ。だから、頻繁に痛いぶりっ子ポーズやるのね…。そして、衣装もパクった。
死神(正位置)は、()君の最終結果で頻繁に出るカードです。魔女様によれば10月のホロスコープが死神だったそうです。ジャパンオープンにしてもオータムクラシックにしても、ほか実力ある選手が活躍したから、かつてのフィギュア界に区切りが打たれたことになるのではと思います。サクラコ様によれば、彼は生け贄的な存在だそうです。仕方ないかもね。一切、同情しません。月(逆位置)は夜明け前ですから、これからは色々真実が明らかになるかなって気がします。
真央さんと()君の関係タロットも最終結果が教皇(正位置)と出ていますね。頑張って努力し続けた人には、それなりの報いと愛による救済があるでしょうが、ズルし続けた人には、厳しいカードです。贖罪を求めなさいということですが、()君、そんなことできないでしょう。大いに苦しみなさいということでしょうね。
Commented at 2018-10-21 18:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by runenoyakata | 2018-10-15 19:35 | 占ってみました | Comments(8)

タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。天気予報のような感覚でお楽しみください。


by runenoyakata