渡辺恒雄オーナーを占う~再度、電波オークションの行方と死亡説の言霊~

 皆様、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?もう何日かすれば、今年も終わりますね。新年にかけて慌ただしい毎日かと思います。さて、中々更新できずに申し訳なかったのですが、現在、郵便局のアルバイトで年賀状と格闘しています。(;^ω^)
年賀状、いずれ無くなる、無くなるといわれていますが、いやいや、そこまで簡単にはなくならんよと実感する日々を過ごしています。
d0374817_11224310.jpg
さて、今年最後の締めとして、電波オークションと今年の11月に死亡説が飛び交った渡辺オーナーについて占ってみましたので、お楽しみいただければと思います。いやぁー。ナベツネこと、渡辺恒雄さん、ご存命でいらっしゃいましたね。いい加減、隠居させてあげれば、(すれば)いいのに、元気なお方だー(棒)

ナベツネさんは、読売新聞、読売ジャイアンツのオーナーとして、そして、一方では政界のフィクサー的な存在として権勢があるため、総理大臣人事や政界再編にも多大な影響をもっているといわれています。総理になった政治家は、必ず「ナベツネ詣出」をするし、お墨付きがないと政策がすすめられないとも…。

何よりも、テレビ業界や新聞社にとっては、既得権益を守る「守り神」ともいわれています。新聞が来年10月の消費税増税の、軽減税率対象であったり、新聞出版の再販制度が維持されてきたのも、ナベツネさんのおかげといわれています。

となると彼が居なくなれば、今までの権益や政界への干渉は脆くも、手放すか、変わっていかざるをえないということです。

【現在の日本のマスコミ界の状況をムーンオロジーで占う】
d0374817_16144818.jpg
1.双子座の満月:コミュニケーションが鍵となっている=コミュニケーション手段としては、一つの転換期を迎えつつある。満月は、この先欠けていくだけです。

2.NorthNode:「居心地のいい場所から離れる」ノースノードは、北へ向かう黄道(太陽の経路)と月が交差する地点といわれています。
新たに道を切り開くため、幸せになるため、過去の栄冠や安寧(暗い過去も含めて)からの旅たちを暗示しているカードです。絵的にみると、急激に月が遠く高みの方向へ飛んで行ってしまっているように見えます。ノースノードの意味合いも込めると、「いつまでも、安全の高みから物事を発信し続けることはできない」ということを警告しているようですね。
特定の者や人に執着することをやめ、自立することを促しています。

3.SouthNode:「過去に縛られないでださい」今度は、先ほどとは対極を位置するカードが出ました。サウスノードは、南へ向かう黄道と月が交差する地点のことといわれています。ノースノードもサウスノードもカルマ的な意味合いを持つカードで、前世でずっと繰り返し為されてきたカルマ的な人間関係だったりを表します。
(この場合、政界とマスコミの在り方だったり、様々な政治的な政策に介入したり、既得権益と絡み、影響し続けてきたこと)
このカルマに縛られているため、行き詰まりが起こっていて前に進めません。このカードは執着心や依存心に囚われていることも暗示しています。

フォーチューンオラクルの現状は、星(逆位置)船+騎手と出ました。このままだと次代を担う情報媒体としては、先行きが見えないと暗示しています。また、船+騎手は、「海外からの情報」を意味します。例えば、アメリカからの海外報道と言うのは、日本の場合、ワシントンとニューヨークだけの情勢を知らせているにすぎないといいます。これでは、報道は偏ってしまいますよね。そして、NYタイムズは朝日系の支社なので、必然的に政権批判が中心になり、「トランプ大統領のロシアゲート疑惑」だの「トランプの独裁政治」だのと、不安を煽り建てるような記事ばかりになります。
ネットの時代になり、情報を余すことなく、ツイッターやフェイスブックで個人が地元から発信できるようになったことは、マスコミにとっても非常に痛いことです。さらに、個人個人で分析したり疑問や新たな仮定の推察ができようになり、だんだん、情報の真偽を見極めることもできるようになり、それをブログやyoutubeで発信できるようになってきました。

マスコミ側では、今まで、「ネットの少数意見がー」と喧伝してきたのに、馬鹿に出来なくなりました。

そろそろ、洗脳装置も変えていかないと…、でも追いつかない…。これから、そういう現象はどんどん起こっていくことでしょう。

それでも、日本のマスコミ界は、今までの通りに自分たちの都合のいいようにやっていけると思い込んでいる状況に置かれていることがわかります。しかし、それは反面、フォーチューンオラクルの。進展に棒の4(逆位置)雲+タワーと出ているように。
今置かれている状況から身動きができず、立ち往生していく利権に溺れた大手メディアのなれの果てと言えるでしょう。

【渡辺恒雄オーナーをグランタブローと今後3年間をでザクレウスの心臓で占う】
次に、ナベツネさんをグランタブローで見ながら、今後3年間彼がどうなっていくかを占ってみました。
d0374817_16135158.jpg
渡辺恒雄オーナーのグランタブロー

〈4つの重要な角〉

「鍵」「本」「雲」「指輪」と出ています。鍵は、端的に成功=テレビ業界、新聞社の大手メディアで利権を握ることに成功。さらには、政界人事や政策にも口出しできる立場にあります。それは、本=様々な秘密を握っていること。例えば、政界のスキャンダルなんかだったり、
そのため、周りからは「雲」煙たがられている存在です。もっと言えば、恨まれたり、憎まれている状況と読むことができます。

そして、指輪はサイクルやパターンを意味することもあるようです。今までの成功のサイクルについて、心得ています。常に、成功し、勝ち残っていくための法則を知っているのでしょう。

余談ですが、全体的なカードの位置、誰かに似てるなぁって思ったら、無神論者で世界の投資家であるジョージソロスにそっくりなのです。まぁ、「ナベツネ天皇」と称されちゃってるあたりなんかは、「自分こそ、物事を思い通りにできる神」と言う驕りが共通しています。
☆【鍵】:【鍵】の隣には、【コウノトリ】と【ネズミ】のカードが続きます。【鍵】【コウノトリ】は重大な変化や、必要に応じての変化などを表します。政界の人事や政策にそのたびごとに、ナベツネ詣出があったというように、常に政界の変化に機微であったことが伺えます。しかし、それももうできなくなりつつある。【ネズミ】のカードが現れました。これは否定的な変化や阻止などを意味します。今まで振るえてきたマスコミの権勢が振るえなくなったことを表しています。
【ネズミ】の隣には、【鞭】【蛇】が、現れています。一時期、読売新聞にて、森友問題や加計問題が酷く喧伝された時期がありましたが、この裏には、電波オークション潰しの思惑があったのではないかといわれています。

以下は、ナベツネさんと安倍首相が袂を分かったといわれる出来事の抜粋です。
(2018年:今年)3月9日に安倍首相は、読売新聞グループである日本テレビの大久保好男社長、粕谷賢之報道解説委員長と、「日テレの迎賓館」と呼ばれる港区の「高輪館」で2時間会食したのだ。読売関係者は、こう語る。

「この会食で、安倍首相は放送法の見直しなどの持論をまくしたて、これに大久保社長らが反論。険悪な雰囲気だったと聞いている」

大久保社長は読売新聞出身。ナベツネ氏の信頼も厚く、大久保社長が会食での厳しい応酬の模様を、ただちにナベツネ氏に報告したのは確実と思われる。


【鍵】【コウノトリ】が電波オークション制の導入とすれば、【ネズミ】【蛇】【鞭】は、その変化を否定的に捉え、そのためには、安倍政権をどんな手でも批判し続けるつもりでいるという風にも読めます。現政権が言うことを聞かなくなった、おまけに、民放解体されるかもしれない…。今までの権勢が振るえなくなる。これが、ナベツネさんにとって非常に恐れていることと読むことができます。

☆【本】:【淑女】【星】【本】と出ています。彼には星の数ほど、様々な秘密を持っているようです。それによって、現在のテレビ業界、新聞業界の特権を維持し、矜持を保ってきたといいます。秘密は力。そして政界再編の人事さえ影響を及ぼすことができます。その中には、常に女性の存在がいます。しかし、【淑女】の前には、【道】があり、常に何か画策しているか。あるいは、今は不安定な状況になりつつある女性のようです。思うに、この女性は、共同通信社の大原麗子氏のことかもしれません。

共同通信社の社長であった犬養康彦氏の後妻に入ったといわれている麗子氏は、相談役であった犬養氏が2015年に物故された後も、共同通信への影響力を持っているといいます。
2016年に入ってから、「秋篠宮家の公務不報道」が露骨になったのは、麗子氏による影響が強いのではないかといわれています。また、故犬養氏が共同通信の社長になったのが、1991年で、あの女帝様が皇后になられたのも91年といわれていますから、安倍政権批判の裏が繋がっていくようですね。ナベツネさん、東京大学時代はマルクス主義に傾倒し、共産党に入党していたこともあるそうですから、同じものは同じものが引き合う法則をこの場で見るようです。
「渡辺恒雄~メディアと権力~」の著者である魚住 昭氏によれば、この学生運動時代の経験から、ナベツネさんが、「本当に、一人で学生100人を動かせることがわかった。100人で10,000人、200人いれば、東大生20,000人を好きなように動かせる」と語っていたいいます。人を操ることができるようになれば、物事は自分の思うとおりになる。ナベツネさんを怒らせれば、政権打倒キャンペーンを張るのだそうです。もはや、メディアの暴力と言えずして、何というのでしょね。

☆【雲】:【雲】【花束】【百合】:【雲】の後ろには、【花束】【百合】が出ています。安倍総理とのハートソナーをやってみたところ、
ナベツネさんの頭の中は、剣の3(逆位置)花束+百合と出ました。花束と百合は、平和や調和、満足を表します。しかし、剣の3(逆位置)=【雲】と出ていることから、新聞社やテレビ業界は今までのような平和を保てないし、見通しの立たない状況を抱え込まされていると思っているようです。

ちなみに、安倍さんの頭の中では、カップの2(逆位置)道+雲:お互いに、もう、かつてのような関係を保つつもりはないと思っているようです。不確実な意思決定(道+雲)であることから、先の、ナベツネさんの右腕である大久保社長に、放送法の見直しをまくしたてたときから、すでに決別することを予想していたと考えられます。

☆【指輪】:【樹】【狐】【指輪】が出ています。【樹】【狐】は医療従事者だったり、誤診を意味します。どこかで、体の具合が悪いことを実感しているのかもしれません。例えば、「俺はもう、どこも悪くねーんだ。」と頑なに思っていても、医師からは、苦言を呈されている可能性があり、言うことを聞かないとか。このカードは、自分の体の悪さよりも、仕事が第1だ=今の利権を何とか安倍政権から守らねば…のカードとみることができるでしょう。

〈ナベツネさんのミラーリング、近いカード〉

ナベツネさんを表す紳士の縦軸ミラーリングには、クローバーに花束のカードが出ています。マスコミ業界では、常にちやほやともてはやされています。怒らせたり、言うことを聞かなければ何が何でも潰そうとしたり、嫌がらせをしようとしますから、周りに気を使わせている状態と読めるかもしれません。
【コウノトリ】【紳士】で柔軟性を持つ人。機を見るに敏な人と読めそうです。彼の隣には、ハートが出ていることから、かなり人心掌握がうまい人なのでしょう。【月】は有名人。業界では知らない人はいませんね。
他にも、【熊】=強力な後ろ盾、権力など。【家】【錨】=安定した家=読売新聞の代表取締役主筆などのカードがありますが、ここは割愛、とても恵まれている状況にも関わらず、【クローバー】【棺】。このカードは、危険な状況を表しますので、いずれの幸運も、危険が隣り合わせていることが考えられます。

まぁ、しばらくは大丈夫かもしれませんが、ここ3年(2019年~2022年ころまで)をザグレウスの心臓で占ってみました。

  1. 周囲からの影響:月(正位置)犬+熊
  2. 過去:世界(逆位置)錨+雲
  3. 現在1:愚者(正位置)手紙+コウノトリ
  4. 現在2:吊るされた男(逆位置)ネズミ+船
  5. 未来:女教皇(正位置)クローバー+鳥
  6. 周囲への影響:恋人(正位置)庭+百合
  7. 結論:隠者(逆位置)太陽+棺

周囲からの影響。犬+熊;自分の僕くらいに思っていた安倍首相が放送法の見直しや電波オークション制度の導入を言い始めてから、ずっと不安で動揺が隠せない状況が続いています。
過去は、世界(逆位置)錨+雲:今年の夏ごろに、自宅で転倒して頸椎骨折を経験してから、体調不良説が後押しされました。カードの状況(錨+雲)で、健康面の状況は厳しかったことが伺えます。

現在1、愚者(正位置)手紙+コウノトリで、死亡説が流れるも、退院して元気な状態であることを、巨人原監督の野球殿堂入りを祝う会に表明しました。
現在2:一方で、吊るされた男(逆位置)ネズミ+船:これは、現在進行形で起こりつつあるできごとを表しているかもしれません。ネズミ+船は、ストレスのある旅路。例えば、かつての既得権益についての秘密が暴かれつつあることに危機感を募らせていると考えられるかもしれません。機を見るに敏な人ですから、現在のマスコミの在り方、大手新聞社の雲行きが芳しくないことや評判が悪いことも影響しているかもしれません。
ナベツネさんを5枚引きで占うと、アクシデントに、悪魔(逆位置)タワー+魚と出ていました。これは、タワー+魚は銀行や取引センターを意味します。いずれ、取引先の銀行の何かしらで、大手メディアのお金の流れに手入れが入る可能性があります。例えば、脱税だったり?あるいは、黒いお金の流れだったり…。

そういえば、TBSって、チャイナの大学で奨学金授与式をして炎上してましたよね。この局、なぜか、反日国の海外職員が多いとか、ほかにも、株主に外国人が介入しているとか(まぁ、これは、TBSに限らないと思いますが)真っ黒なうわさがあります。
↑のネットギークのコメント欄に、一種のマネーロンダリングなのではないか?なんて意見もありましたね。やりかねないから怖いです。
ネットで、かつての大手メディアの実態が暴かれていることで、大船に乗っていたつもりが、少しずつネズミにかじられるような崩壊の予兆が訪れているのかもしれません。

未来には、女教皇(正位置)クローバー+鳥:仮に、上記のようなことが起こり、もう悪あがきはできない。少しでも、放送法の見直しに協力して、電波オークション制度を受け入れたほうがいいのでないかというような前向きな議論がされていく可能性があります。
5枚引きでは、未来に、女教皇(正位置)庭+クローバーと出ていました。庭とクローバーは、成功したネットワーキングを意味しますから、電波オークション制度が導入されて、入札に参入する局が現れる暗示とも読めそうです。
となると、もしかすると、少しはナベツネさんも折れるのかもしれません…。

周囲への影響は、今の復帰しているナベツネさんの状況なので割愛します。

そして、結論、ここが大事です。何と、隠者(逆位置)太陽+棺と出ました。太陽と棺は、成功した結末とともにトラブルが発生する可能性を意味します。隠者(逆位置)なので、今までの因業が祟って、既得権益にメスが入る可能性があります。
安倍総理とナベツネさんのハートソナーの結論は、剣の10(逆位置)家+鎌:家と鎌で、何かしら強引に見直しが迫られるような出来事が起こりそうです。剣の10(逆位置)は先ほどの、悪魔(逆位置)とも重なりそうですね。最悪な状況からの脱出だったり、悪徳からの脱出だったり。感覚的に、「何か」が抜けて、そこから見直しや修繕が始まる感じがします。

5枚引きの遠い未来では、魔術師(正位置)ハート+蛇が出ています。ハート+蛇は、嘘や不正行為を意味しますから、テレビ業界や新聞業界が守られてきたものの正体が、魔術師によって明らかにされるのかもしれません。

しかし、言霊って恐ろしいですね。「ナベツネ死亡説」という流布で、【太陽】【棺】のカードが出てしまうとは。まるで、復帰しているアピールをしたこと(隠者【逆位置】)を受けて、【棺】を突き付けられる運命が待っているような感じがします。

まぁ、年も年だけれど、「死亡説が流れたから、出てきてやったんだよ」と自ら宣言したことは、自身に対する呪文になったような気がするのは私だけ…でしょうか。


【電波オークション、2019年放送法改正、電波オークションの行方をムーンオロジーとフォーチューンオラクルで占う】
今度は、ムーンオロジーで放送法改正や電波オークション行方をムーンオロジーとフォーチューンオラクルで占ってみました新しい試し見として、まとめて占います。
d0374817_16141465.jpg
【フォーチューンオラクル】
  1. 周囲/障害/問題:星(正位置)鞭+ハート
  2. 周りへの影響:剣の3(正位置)道+星
  3. 過去:カップの6(逆位置)棺+鎌
  4. 現状:タワー(逆位置)山+手紙
  5. 希望/願望:ペンタクルの10(逆位置)コウノトリ+家
  6. 進展:剣の4(正位置)花束+熊
  7. 未来:女帝(逆位置)タワー+錨
  8. 対策:棒のナイト(正位置)/剣のナイト(正位置)雲+騎手
  9. カップの8(正位置)魚+樹

1.山羊座の新月:
「あなたの努力は報われます」着実な実績や議論を重ねて努力をしていくことで、少しずつ目標が形になる時期がやってきます。

フォーチューンオラクルでは、過去:カップの6(逆位置)に鎌+棺、大手メディアやテレビ媒体のような在り方を見直し、新たな局面に入りつつあることを暗示しています。鎌と棺は犠牲や事故を意味しますが、この場合、かつてのような偏向報道の在り方はやめなければいけない時期に入っていることを表します。もしくは、今の報道機関は、鎌と棺によって「切られて、死んでいる」=レームダック状態とも見れます。
放送法改正、電波オークションの導入に希望がみえてきても、鞭+ハートで、かなりこき下ろされて、中々活路が見いだせない部分もあります。

2.獅子座の満月
:「プライドに邪魔されないでください」議論も、最高潮を迎えお互いに意見がぶつかり合っていく状況です。獅子座の満月は「友情の終わり」も意味します。マスコミの既得権益者は、そろそろ自分の虚飾に向き合わなければならない時期にはいります。
だいぶ前に、報道特注を見ていて知ったのですが、電波オークション制度については、既得権益派と改革派の有識者で話し合いを重ねている状況なのだとか。

タロットとルノルマンを見ていきましょう。現状は、タワー(逆位置)山+手紙:山と手紙は返答なしや、遅れてきた知らせを意味します。議論の停滞が考えられます。タワー(逆位置)から、互いに妥協点が見えず、意見が割れてしまったかもしれません。
周囲への影響は、剣の3(正位置)道+星で、肯定的な結果が得られない状況。中々議論が進まず苦しい状況のようです。

希望や願望は、ペンタクルの10(逆位置)コウノトリ+家:マスコミの既得権益者側がいい方向に変わってくれる(コウノトリ+家)ことを希望しているようですね。あるいは、いずれ、既得権益者側が失墜するほどのネタが上がってきているかもしれません。

進展には、剣の4(正位置)自体が起こるまで、じっくりと長考していく時期にはいります。花束+熊は正の財政。これは、電波オークション実現に関する財政のことかもしれません。話し合いは平行線で割れてしまったかもしれないけれど、実は、水面下で静かに何かが起こっていると考えられそうです。

3.ブルームーン

:「不可能は可能へ」このカードは、願いが叶う時がやってくることを暗示しているカードです。あるとき、ぱっとチャンスが訪れ、そのチャンスに乗っかれるかどうか。次にやってくるとすれば、期間を待たなければならない。
未来には、何と、女帝(逆位置)タワー+錨と出ました。ナベツネさんも納得せざるを得ないような状況が訪れるとみていいでしょう。
やはり、共同通信を牛耳るあの女王か。(; ・`д・´)あるいは、2019年に生前退位されると同時にその地位を、女帝様が開け渡すことになれば、それがタイミングという風に見ることができそうです。

対策は、それまで雲+騎手で、相変わらず偏向報道で、電波オークション制度や放送法改正を邪魔するメディア側ということでしょう。
機会を見極め、そのタイミングを逃さないことが求められます(剣のナイト)そして、勇敢に立ち向かうこと。(棒のナイト)多少、強引でも、事態を挽回できそうです。

結論は、カップの8(正位置)新たな方向転換と、現状から抜け出すことを意味します。勇気をもって、新たな局面に向かう時がやってきます。樹+魚は価格の上昇=電波オークション制度と考えられるでしょう。
結構、2019年の前半期にいきなり話題になる予感です。私の予想としては、ホロスコープで見たところ、4月~5月とみています。特に5月は、最後の審判(正位置)太陽+犬=成功した友人=放送法の見直し+電波オークション制度の導入が一気に、進んでいく予感がします。

というわけで、今年1年、本当にありがとうございました。もうすぐ、2019年です。良き年になることを願います。


おまけ:
もしかして、予想あたっちゃったかもしれません。読者様情報によれば、なんと、12月27日、元CIA長官ブレナンとヒラリークリントンが同時に、逮捕されたようです。元CIAのブレナンに至っては、小児性愛犯罪及び人身売買の大物だったそうですが(反吐がでるわ。何がローション・パンプキンじゃ!)

拙ブログより抜粋です。
ついでに、2020年までヒラリークリントンの身の回りで起こることをプチ・スクエアで占ってみました。
【棺】【錨】【樹】
【船】【本人/百合】【雲】
【鞭】【家】【十字架】
のっけから、【棺】とは、痺れますねぇ。【棺】【錨】で、熱望の終了に【樹】健康関連に関すること。もしかすると、健康問題に関して、決定的な問題が出ている可能性がありそうです。2年後まで行けるかどうかが問題になっていそう。
(中略)
【鞭】【家】【十字架】
いずれ、色々な罪が確定して、クリントン財団にガサ入れが入るってことでしょう。【鞭】をもったトランプさんにしばかれることになりそうです。



未来には、月(逆位置)ハート+鞭:真実が、暴露される可能性があります。それも、セックスに関することで。鞭は男性的な加虐性、暴力を意味することがあります。

最近、アメリカの、セオドア・マカリック枢機卿に聖職行使停止処分が下されました。45年前の未成年者に対する性的虐待容疑だったといいます。調べてみると、去年から今年にかけて、世界中のカトリック司教が、児童虐待(それも、性的なもの)で、有罪判決を受けたり、聖職行使停止処分を受けているニュースが出てきています。子ども+本は、本当に子どもの秘密についてなのかもしれません。

(鍵と十字架は、運命の犠牲者を意味します。一説には、悪魔崇拝教が、子供をうんたらかんたらという陰謀論があったように思います。その陰謀論には懐疑を覚えますが、もしかすると、裏の児童買春や売春組織が摘発される可能性があるかもと予想します。すると、そこに名を連ねていたのは…民主党議員の誰々だったりとか。)






















Commented at 2018-12-31 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-01-02 00:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゴネコ at 2019-01-02 12:08 x
runenoyakata様、新年あけましておめでとうございます。

昨年末に、この記事にコメントを入れさせていただいたのですが、反映されていなかったみたいです。すみません。

昨年は、runenoyakataさまのブログで、いろいろと勉強させていただきました。ありがとうございます。
今年も、魅力的な記事を拝見することを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by runenoyakata at 2019-01-02 14:49
ゴネコ様
コメントありがとうございます。新年明けましておめでとうございます。エキサイトブログ、スマホや携帯からだと反映しているか分かりにくいときがありますね。
パソコンからのコメント書きが1番いいのかも。
こちらこそ、ゴネコ様からの秋篠宮様についてのブログコメントに励まされました。
去年より、ブログを始めてから、情報の奴隷にならない、直感力や情報編集力、客観性をもつことの大切さを実感します。
ちなみに、ヒラリーと元CIA長官逮捕かも情報についても、占いました。次回に回しますが、現状で、かなり興味深く、面白い結果が出ています。お楽しみに(ノ^^)ノ
Commented by ゴネコ at 2019-01-02 16:45 x
runenoyakata様、コメントへのお返事ありがとうございました。よかったです。
12月31日にコメントしたのですが、反映されていなかったみたいで。

今年は、いよいよ東宮が即位することになるのでしょうけれども、民主党政権のときのように、一度東宮が即位してしまえば、天皇・皇后は任せられないとの認識が国民に伝わり、かえって良い事なのかもしれないと思ったりしています。
もし、東宮が即位しないまま秋篠宮さまの即位ということになれば、東宮派から更衣簒奪とかあられもないことを延々と言われ続けなければならないような状況になることでしょう。それこそ、紀子さまが皇太子妃を呪詛していたとか、あり得ないような話がいろいろと出てくるだろうと思います。
天皇の「生前退位」表明で霊的には東宮が即位したことになっているのだと聞いたことがあります。神々からしたら、一年と少し即位したのだからもういいだろうということなのではないでしょうか。2019年に天皇誕生日がないということは、大変意味深いことのように思います。2019年の天皇誕生日は、天界では、秋篠宮さまのお誕生日になるのではないでしょうか。
そんなことを思いながら、コメントさせていただいたのですが、今、思い出しながら今一度コメントさせていただきます。
今年も、すばらしい占いをお示しくださいませ。
心が洗われるような清々しいお写真も楽しみにしております。
Commented by runenoyakata at 2019-01-03 06:42
> ゴネコ様
コメントありがとうございます。
>民主党政権のときのように、一度東宮が即位してしまえば、天皇・皇后は任せられないとの認識が国民に伝わり、かえって良い事なのかもしれないと思ったりしています。

そうですね。天や神の意志と言うのは、どんなものにも機会が訪れれば(たとえ不正であっても)、一度は、させてみて、その結果を見せることなのかもしれません。確かに、今のまま、徳仁様を素通りしてしまうと、色々問題にする人もいそうですね。

>2019年に天皇誕生日がないということは、大変意味深いことのように思います。2019年の天皇誕生日は、天界では、秋篠宮さまのお誕生日になるのではないでしょうか。

不思議なのは、霊的に即位しているはずなのに、徳仁様、天皇としての輝きがなく、言葉に力もないことです。(そういえば、ここのところ、徳仁様、報道されはするものの、あまりお言葉を発されません。)
むしろ、正式に皇嗣子となられた秋篠宮様(黒髪の宮様)と紀子様の報道された写真が輝いて見えました。(後ろに、光の輪が見えるような感じ。)
何よりも、大嘗祭の費用問題で、皇費の範囲内でやるべきだと宮様がおっしゃられたことで、プレハブ小屋にしたんです。
https://www.sankei.com/life/news/181221/lif1812210027-n1.html
ということは、言葉に力があられたということではないでしょうか。(あれほど、偽物で、イルミナティのなんちゃらでなんていわれていたのにも関わらず。)
魔女様もおっしゃっていましたが、やはり黒髪の宮様と白髪の宮様、お血筋は同じ天皇であることが考えられると思います。霊的にはもちろんですが、何かあってもいいように、すでに、継がれている可能性も。
去年の記事に書かせていただきましたが、2019年の結論は、三日月なんですね。「もうすぐ、答えがみえてくる」そして、奇しくも3月が生前退位の日。平成は30年で終わった…。
3の法則が発動ありそうな感じがします。秋篠宮様の未来のムーンオロジーは、「願いが叶う聞き届けられる」スーパームーンですから。

いつも楽しみにしていただいてありがとうござます。これからも、精進いたしますので、今後ともルーンタロット予報をよろしくお願いします。



Commented by Eki-MAJO at 2019-01-06 06:39 x
みもり様、明けましておめでとうございます。更新、ありがとうございます。こんにちは。

言霊って、恐いですねぇ。

実家が読売新聞なのですが、女性宮家賛成、消費増税賛成、さり気なく真央sage、金妍児ageなのは、気になるところでした。

(アカヒ新聞よりマトモだとしても)

ジョージ・ソロスと共通する点ですか…。ナベツネ天皇様でしたからね。
実際、お陀●も近いのかもしれません。

言霊と言えば、文仁親王殿下ですね。
「納采の儀は行えない」
「もっと身の丈にあった大嘗祭を」

小室との件は、あのお言葉で実質破談になりましたし、江戸時代の天皇は江戸幕府から見張られていたという事もありますが、ささやかに儀式も済ませていたのです。何の問題がありましょうか。

一般参賀の文仁親王が既に…に見える一瞬もありました。(あからさまに東宮age、秋篠宮家sageの気持ちワルいブログもあって、もう必死ですね (/・ω・)/)

私もささやかではありますが、言霊の力を発動させました。良い波を起こせると良いな、と。

今年も良きこと聞きますように。

Commented by runenoyakata at 2019-01-06 13:48
> Eki-MAJO様
コメントありがとうございます。言霊は、恐ろしいですよ。死亡説が出て、姿を現したということは、それなりに、影響があると思います。おそらくソロソロでしょう。いつまでも生きれると思っているとしたら大間違い。人は神様ではないのですから。

読売、真央さんsageてたんですね。多分、今まで安倍さんが政権をとるまでは、特亜三国にも忖度して(というか社員に居ると思うのよね)政権もコントロールしようとしてたんじゃないかな。いわゆるダブスタというやつです。こういう味方なのフリして、卑怯なことをするのはみんな利権のため。大手のマスメディアは本当に死んだなとつくづく思います。

>言霊と言えば、文仁親王殿下ですね。
「納采の儀は行えない」
「もっと身の丈にあった大嘗祭を」

ようやく、文仁親王の言霊の力が見えてきましたね。私も、一般参賀の写真を拝見しましたが、秋篠宮ご一家の存在が際立っていたように思います。(何度も言いますが、何がイルミナティやねん!)なるほど、もともと、大々的に行うものではなかったということですね。そもそも、宮様の言うことは、いちいち論評するものではないそうで(竹田さん曰く。)正〇に文〇は、何様だったのでしょう。一体「誰が」ケチをつけているのか、なんとなくわかります。

そういえば、ここのところ、あからさまな東宮age、秋篠宮家sageが酷いなと思いましたが、やっぱり必死なんですね。いい言霊は、いい波動を生みますね。言葉は力。それを悪用してきた者たちはそれなりに還ってくることでしょう。いい年になりますように。

by runenoyakata | 2018-12-31 17:39 | 占ってみました | Comments(8)

タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。天気予報のような感覚でお楽しみください。


by runenoyakata