人気ブログランキング |

11月8日10日追記:名前と魂~失われた「皇后の名」と旧宮家復帰の動きについて~

d0374817_00424922.jpg
皆様、こんにちは。ルーンタロット予報へようこそ。写真は、夏場に出ていた龍雲の写真です。当時の参議院選挙後、N国党が1議席をとった翌朝に出ていた雲です。真ん中らへん、目みたいの見えません?龍神は、古いパターンだとか、あり方を払拭するときに必要とされる神様らしいです。

まだ、農業のアルバイトしてたなぁ。こちらは、すっかり朝夕冷えて、寒くなってしまったので、農業アルバイトもひと段落です。今年は、去年に比べて、収穫が少なかったと思う。獲れるときは異常に獲れて、獲れない時は本当に獲れない。何よりも夏日なのに、日照時間が少なかったこと、雨の日が多かったことも影響しました。

暑い日もあったけれど、あっという間に秋が来てしまった感じです。

さて、今回のテーマは、皇后の尊号についてと旧宮家復帰の流れについて占ってみました。

先日、読者様から、ちゃんねる桜の動画を紹介いただきました。動画では、旧宮家の復帰と親王宣下について取り上げられていました。
大嘗祭の終わる11月中旬(おそらく、15日以降)以降から、具体的に旧宮家の復帰(+親王宣下)について正式に検討する要望書が
官邸に届けられるとのこと。


動画の中で、大嘗祭では藁ぶき屋根ではなく板敷の屋根であることに言及されていました。この動画を見た、翌日、白川郷での火災が起こりました。
※現地の方々には、心より、お見舞い申し上げます。

タイミングにぞくっとします。ちょうど、首里城での火災があった後のことでしたので。



以前占ってみた結果に、岐阜県の方角、西には、HAGALL(正)/最後の審判(正)Animusdarkと出ていました。

「なぜ、大嘗祭が、かやぶき屋根ではないのか?」という問いに対して、神様が、自ら結果をお示しになったような気がします。
最後の審判の絵柄は、文字通り、神様からのジャッジ。HAGALLは突然の災害やトラブル。白川郷の火事についてを表しているのでしょう。Animusdarkは、今、天皇となっているお方、(あるいは、その背景)を表しているようです。

一見、厳正で美しく見えたものに包まれているけれど、内実は…。



この火災について、思い出したのが、仁徳天皇による「民の竈」という逸話です。

仁徳天皇は、国民が徴税と飢饉によって飢えているのなら、自らも、国民とともに苦を共にされ、労役も、徴税も免除されました。

宮殿の修繕もせず、衣服、靴がボロボロになるまで作らせず、ひたすら、国民の生活が豊かになることを望まれました。やがて、3年がたち、天候が安定し、国民の生活も少しずつ安定していきます。いつしか、それまで立ち昇らなかった国民の家々から、炊飯の煙が立ち上り始めました、しかし、仁徳天皇はその後も、徴税を先送りし、質素な生活をされたといいます。
(前略)
仁徳天皇七年4月1日、天皇は高台から遠くを見渡すと、煙がたくさん登っていた。この日に皇后に語って曰く、
「朕はすでに豊かになった。心配することは何もない。」
皇后は答えて曰く、
「何をもって豊かになったというのですか」
「炊飯の煙が国中に登っておる。民が豊かになったということだ」
「塀は崩れ、宮殿は壊れ、屋内でも衣服が雨に濡れる始末。これのどこが豊かになったというのですか」
「天が君主を立てたのは、民のため。君主というのは、民があっての存在なのだ。古の聖王は、民が一人でも飢えたり寒さに凍えたりしたときには、政策を見直し、自らを責めたという。現在において民が貧しいということは、朕もまた貧しいということ。民が豊かになれば、朕もまた豊かになるということなのだ。この世では、"民が豊かになって君主が貧しい"ということは、存在していないのだ」(以下略)
いずれ、税や労役を免除していることについて、国民から「このままでは、政府の蔵も、宮殿も朽ち果ててしまいます。もう、労役も徴税もしてください」。と要望があるほどに。

その後、免税から6年後、天皇は、ようやく初めて、労役と徴税を命じました。

令和の御代とは対照的なお話ですね。令和になってから、国民の生活を顧みられず、増税されたこと。様々な災害。早すぎる収穫。
しかも、時代の国の転換期。昭和、平成に遭った闇の部分が暴かれていく過程-。

仁徳天皇が、宮殿から国民の生活を見守っていたのは、白川郷のようなかつて、人の生活が息づいている場所だったのではないでしょうか。

奇しくも、仁徳天皇と今上である徳仁様は、お名前が似ておられる。私は、時々、徳仁【なるひと】という名前が、「人と成る」とか「人の徳になる」という意味合いもあったのではと思います。昭和天皇は、果たして、苦難が続く時代で、令和の今上は人の心に寄り添えるか?人と成り得るのか?というような問いかけと、目印で、名付けられたのではないかと思います。
※もう一つ、「人に成る」=「人に戻る」という風にも読めそう。何だろう、我ながらしっくりくる解釈だわ。

 ある意味、神無月に即位の礼が行われたこと、饗宴の宴を続けて行われ、外の世界では、水害に、暗示的なトレーラー事故、相次ぐ世界遺産での奇妙で暗示的な火災。

これも、ナルさんへの試験と試練を課したことになるのかも?いくら、天皇に政治的な発言権はないとか、発言できないお立場といわれているとはいえ、今の心のささくれ立つような政府の横暴と世情から、国民のためになるようなご発言があるかどうか?という…。

それが大嘗祭へ続いていくようです。



前置きが長くなりました。大嘗祭以降の旧宮家復帰について
(ダイヤモンドクロススプレッド/ムーンオロジー+日本の神様タロット+ユングタロット)

d0374817_11570006.jpg
  1. 旧宮家の方々(環境/状況)蟹座の新月/天手力男神(あまのたぢからおのかみ)/Animadark
  2. 皇室の方々(意味/求められること)水瓶座の満月/天之常立神(あまのとこたちのかみ)/Animusdark
  3. 2つの状況の問題点や課題:十八夜の月/闇淤加美神(くろおかみのかみ)、高淤加美神(たかおかみのかみ)/Animuslight
  4. 2つの状況から起こり得ること:牡牛座の満月/宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)/Senexlight

まずは、課題や問題点を見ていきましょう。闇淤加美神と高淤加美神のカードが出ています。水や川が関係しますね。この2人の女神たちは、眞子様と佳子様を表しているようです。感情のブロックを外して、淀むものに流れをつけていく。皇統の断絶を阻むもの(AnimadarkやAnimusdark)を旧宮家の方々の復帰のために、照らし出していくようです。
十八夜の月は、満月の爆発的なパワーから、安定を取り戻す段階に現れる月です。あるべき場所にいることの意味を知り、周りとの調和を図っていくことを求められる時期が訪れるということでしょう。Animuslightは、理想的なリーダー、男性性、青年、打開策などを表します。
これは、皇別摂家や旧宮家の人たちと考えられそうです。能動的なカードですので、婿養子として皇室に入られてから、宮家を設立させていくのではないでしょうか。十八夜の月だから、とてもゆったりとした時間の中で、あるべき場所が創られていくのだと思います。

2.旧皇族の方々の現状と環境ですが、蟹座の新月は新たなスタートの時期、守るべき人達が新たな道を進んでいくことを表します。
ここで、あっと驚きました。なんと、旧宮家、天手力男神(あまのたぢからのお)が出ているのです。
こちらは、夢の宮様からの記事から、今年のラグビーワールドカップは、日本がベスト8に進むという快進撃を見せました。
天岩戸を最後に力任せにこじ開けたのは、タヂカラノオ達。猪突猛進で、ベスト8という扉を開く中。秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻が観戦されたというのは、実に暗示的です。立ちはだかるのは、Animadark。これは女性宮家や女系天皇と言ったことについてを表しているでしょう。やはり、この背景にあるのは、血筋の乗っ取りという罠なんですね。決して、今の皇室のためにはならない。

この障害を克服するのが、天手力男神ということになるでしょう。
力を発揮するのは、腕力だけでなく、知力であったり創造性も含まれます。推し進めていくには新しい扉を開く勇気―そんな、メッセージ性さえ感じます。
3.皇室の方々に求められるもの。人生の新たな転機を受け入れることを意味します。絵柄の通り女性性の強いカードです。となると、やはり、諸々のことが決まっているということでしょう。天之常立神は、天地が分かれたとき、まだ混沌とした葦の芽から生まれた神様です。
まるで、ビックバンのようですね。これから、無限に可能性が広がっていきます。Animusdarkは、このパワーを利用して、物事の道理を歪めようとしているもの達のことでしょう。Animadark同様、Animusdarkも、一見口当たりのいい、美しいものばかりを見せますが、皇室の権威を思うがままにしようという悪意に満ちています。
しかし、それも、いずれ、水瓶座の満月と闇淤加美神と高淤加美神によって、押し流されることになりそうです。

ここのところ、南北朝鮮とチュチェ思想について、篠原常一郎さんの動画を拝見していますが、ようやく、女性宮家や愛子天皇の背景も見えてきた気がします。
小泉政権では、良くも悪くも、日本が破壊されました。中でも一番罪深かったのは、小泉元総理自体が皇室を理解せずに、「女性宮家いいじゃない」と推し進めようとしたことです。(後々、小泉元首相が、韓国をホワイト国認定していたという事実があったことも、何かの運命を感じます)
皇室に全く、関心のない官僚たちが宮内庁に入り込んでしまったこと。その無知に付け込んで、チュチェ思想が入り込んだのでしょう。
上皇后で、ある程度、イメージ戦略でうまくいった。次はマサコさんで―。しかし、彼らは幸か不幸か、我慢が足らなかった。象徴的なのはヤフオク事件でしょう。そして、位打ちの過程で、皇室の宝物は取り戻されているけれど、同時に、醜悪な法案だったり事態が噴き出す羽目になっている。国民は改元にあたり、改めて皇室について再考する人が出てくる。

今は大変な時期ですが、もしかすると、結果的に、将来的にこれくらいで済んでよかったとなるのかもしれないですね。

4.結論は、牡牛座の満月。地に足をつけ、コツコツと努力してきた方々に光があたるということになるでしょう。このカード、2019年の後半に入ってから頻繁に出てきます。

秋篠宮様が、Senexlight。正式に皇嗣となられたこと。来年以降、皇嗣の礼が終わるとともに自然と流れがやってくるのではないでしょうか。宇迦之御魂神は、稲を司り、商売と食物の神様です。農作物を作るにしても、商売をするにしても、物事は長い目で、どのような方向性と目標を決めていくかという過程によって決まっていきます。

牡牛座の満月と同様に、一歩ずつ、皇室の時間の中で少しずつ道理が動いていくことを表しているのでしょう。やはり、旧宮家の復帰の鍵を握るのは、秋篠宮家なのでしょうね。

余談になりますが、先のラグビーワールドカップ、日本VSスコットランド戦で、秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻と悠仁様がアン王女との観戦が、台風19号の影響により、警備や道路の状況を慮って、残念ながら中止になってしまいました。
しかし、長い目で見れば、秋篠宮様がタヂカラノオ達とともに扉を開く、
かつて日本が勝利した南アフリカの選手たちに優勝カップを渡したことで、
もう次の扉は開かれたのではないでしょうか。中止になってしまったこともちゃんと意味があって、悠仁様の御代になれば、
悠仁様をお支えになる御柱が復活されている―。そんなメッセージを感じます。
d0374817_16255976.jpg
                    写真は、産経ニュースより 


【皇后の尊号について占ってみた】
続いて、皇后の尊号についてダウジングを用いた占い方法で、占ってみました。今のところ、天皇について書かれた書籍は多いものの、皇后を具体的に扱った書籍が中々ないことで、占いで、ある程度の仮説の道筋を建ててみました。
実は、名前にはとても深い意味合いがあります。「馬鹿の壁」や「さかさめがね」といった書籍で有名な養老孟司先生によれば、
かつて日本人は、幼名と元服してからは別の名前に変えるというしきたりがありました。

謂れは色々あるとは思いますが、養老先生曰く、これは平家物語や方丈記に見られるように、物事は移り変わっていくという日本人独特の思想に基づいているのではないかと仮定していました。
なるほど、確かに、生後すぐの赤ん坊と、よぼよぼのお爺さんでは、全然違います。

この記述が後に、すごく残っていて、「かつてのあなたと、これから大人になるあなたは、違う人間。ここまで成長したよ。」という意味合いを込めていたのかもと思いました。年を取ることを、実感することができる方法だったんですね。そして、成長は死に向かう過程でもある。

今の時代、結論や結果ばかりで物事を図りがちですが、そこには地道な過程があり、変化があって、日本人が地道に頑張れるのも、過程の中に節目があったからと言えそう。

また、古代中国では、本名と魂は結びついていて、名前を本名で呼ぶと相手をコントロールできるという考えがありました。本名を表す、諱(いみな)とは忌み名ともいわれています。転じて、身分のある人を名前で呼ぶのは失礼にあたるとなりました。
仏教文化によって穢れの考え方が極端になった平安時代では、なおさらのこと。貴族たちの間では、本名を名乗るのは心を許した相手だけ。身内や家族以外は役職で呼ぶという文化がありました。


ということで、尊号って、本当は凄く大事な文化ですし、平成の御代で終わるとは思えないので、
2代にわたって、皇后の尊号を賜っていない背景について。
d0374817_17153415.jpg
まずは、尊号は廃止されたか廃止されていないかについて。ペンデュラムに聞いてみました。廃止されているならYESへ、されてないならNOへ。結果は、廃止されていないで左回りに回り始めました。

※写真では省略していますが、わからないところはジプシーオラクルで補っています。
  • 東南:THORN(正)剣の6(正)
  • 東:PEORTH(正)剣の9(正)
  • 北東:WYNN(正)棒の9(逆)
  • 北:TIR(逆)剣のナイト(正)
  • 北西:EOH(正)棒の7(正)
  • 西:RAD(逆)棒のペイジ(逆)
  • 南西:UR(逆)運命の輪(正)
  • 南:DAEG(正)隠者(逆)
まずは、東南から、THORNは障害となる壁を表します。剣の6は退避する。尊号を与えるにあたっては、皇族方や有識者の中で、立后会議を内々で開くようですが、どうもそれを回避している。

東:尊号を与えないという賭けをすることによって、後々、本人は皇后になっているつもりなのに、思うとおりに物事が進まず神経質になる。それゆえに、隠していた秘密が露呈していくという意味合いもありそう。ジプシーオラクルは、RoomとLover:例えば后といえども、御息所みたいな感じでしょうか。Cheerfulnessで、パーティーなどの催し物でのホステス役も担うといった感じかもしれないです。

 先例も一応あります。清和天皇の母君は藤原明子(ふじわらのあきらけいこ)で、文徳天皇の妃でした。妃であって皇后ではないところがポイント。
(なので、皇后と呼んではいるけれど、実質は、天皇の妻【昔だったら、妻の一人みたいな感じ】)

北東:棒の9(逆)尊号を与えないことで守りが得られない。皇后と呼ばれることで、権力と勘違いして、身のほどを知らない。力の使い方を誤れば、すぐにボロが出てしまう。ジプシーオラクルだと、ScolarとJoyfulness。先例による知恵と哲学によって、宮家の間で「あのお方はね…」という目印になるのかもしれません。互いに意味を知っているけれど、言わない。知らないふりをする感じです。

北;様々なトラブルが常に身の回りで起きるようになる。TIR(逆)は前に進めない。Death/Hope/Wedding;希望ある婚姻関係のはずだったのに、心構えの悪さによって、生きているようで死んでいるような目に遭う。本人の意思に反して、皇室の道理に取り込まれていくとも読めそうですね。

北西:EOHや棒の7は改革、争い、皇室を変えてしまおうという流れが生じる。例えば皇室の特権を用いて、好き勝手に振舞おうとする外戚とか、政治的な陰謀だとか。ジプシーオラクルだとEnemyとPrisetが出ています。Priestは皇室や天皇を表しているのかな。何だろう、敵と知りつつも敢えて迎え入れている印象も受けます。皇室側は彼、あるいは彼女にはノータッチなんだけれど、敢えて、悪くなったその状況を見せつけているようにも見えます。「先例で定められていることによって、拒否権を奪われる」「皇室は日本の最高権威ではあるけれど、もっと高みにある道理によって、物事を決めるから、拒否しない」ということかも。

なので、KKの誤婚約会見も、先例に従った結果なのかもしれないですね。敢えて、誤婚約会見をやらせ、敵に上手くいったと思わせる。
奴を不自然に追い出すよりも、延期をちらつかせながら、道理に物事を決めてもらって排除されるものは自ら、排除されていく結果になるとみているのでしょう。

皇室に流れる時間は、とても気が長い。自ら手を出さずとも、朽ちるものは朽ちていく。彼らは我慢ができないだろうから…と。

西:自分勝手さが現れ、次第に、国民からも見破られ失速の憂き目に遭っていく。「もう、皇族辞めたい」と思っていても、道理に取り込まれた以上は、本人が、根をあげるまで使命を果たさせる。そりゃあ、我慢できないマサコさんが、病むわけです。
最高権威は身の程知らずにとっては毒になっていくわけですね。

南西:UR(逆)固執したくないのに、固執せざるを得なくなる。運命の輪は先例に取り込まれるターニングポイント。要するに。最後は位打ちが目的。

南:DAEG(正)日に日に、尊号を賜れず身の程を弁えなかったものは、様々な状況に自ら翻弄されて次第に病んでいき、時に癇癪や神経症的なものを起こしたり、引きこもる羽目になるようです。Soldier/Waiting/Gift/Malady
精神を病みつかれて気づいたときには時遅し。執着するのは目に見えるものばかりで、日々休まる日はない。

Reunion/Lordで、苦しみは、次代に引き継がせるタイミングまでのようです。

皇后になるための器を作らずに、尊号を賜ることもなく、本名のまま皇后になってしまった悲劇は、これ如何に。

続いての質問:上皇后や雅子妃は、尊号が賜れていない=皇后になれていないということ?
→質問に対してはYES。小さい円から、大きな円へ。
d0374817_22052654.jpg
  • 南:LAGU(逆)ペンタクルの10(正)
  • 南西:GEOFU(正/なし)カップの5(正)
  • 西:UR(正)カップの3(正)
  • 北西:YR(逆/なし)剣の6(逆)
  • 北:SIGEL(正)恋人(正)
  • 北東:HAGALL(逆)剣のキング(正)
  • 東:IS(正)剣の9(正)
  • 東南:ANSUR(逆)剣の2(正)

先の結果と大体のことは同じですね。見掛け上は皇室、皇族の一員として繁栄を約束されているのに、最初から芳しくない流れにある。
ジプシーオラクルreunion: 天皇皇后と目されている状況、でも裏は、Youngwomen/Service:天皇の御息所がいいところ。
南西:なんとなく温かな皇室という体を取りながらも周りは、諦観でもって接していくようになるみたいです。
Misfortune、Despair、Lord。天皇が尊号のない方を皇后としてしまう=皇室においては新義でしょう。

そのことを許してしまうことによって、天皇自ら自爆を招いてしまったと読めそうです。

よく、平成の御代になって外国の要人を招いてのパーティーをかつての東宮が行うと、盛花がショボいという話題が皇室掲示板をにぎわしていましたが、憶測ですけれど、「それなり」だったのではないでしょうか。予算とかそういう問題以前に、そういうことなんじゃないかなと。(良くも悪くも隠さない。流石、皇室の歴史は懐が深い)

西UR(正)カップの3(正):女性宮家への流れの過程と読めそうです。ジプシーオラクルでは、Friend/Sweetheart/Widowerと出ています。前半の2枚は女性のカード、男やもめを表すWidowerで、皇室の歴史を綺麗なもので覆い隠して無理やりにでも男系を絶やそうとする。
北西:しかし、尊号を与えられない天皇の妻を利用しようとしたことで、あっという間に見破られ、逃げ場所がなくなる。

北:SIGEL(正)恋人(正):眞子様の誤婚約を企んだことを表しているようです。ジプシーオラクルでは、Enemy/Prisonで、誤婚約の役者たちは、どこかに閉じ込められているようですね。Melancolyで、これは雅子妃の心持かな。

北東:突然の災いが降ってかかる予感。Malady/fortune/Thiefは、あぁ、ヤフオク事件か。自ら招いたことが今になって表れているようです。
東:剣のキング(正)道理によって、裁かれることを暗示。権力の基盤は物質的なものや皇室に入内してしまえば我が世の春だったと誤解したばかりに、全て悪い方向へと向かっていくようです。
IS(正)剣の9(正):行き止まりで、眠れぬ日が続く。Messenger/Sorrow:彼女にとっては嘆かわしいニュースばかりが流れ、Soldier。これも情緒不安定を表していそう、躁鬱状態で八つ当たりをしているのかもしれません。

東南:BEORC(逆)剣の2(正):彼女たちのやろうとしていることは、実らず果たせず、いずれ、なかったことになって行くようです。

皇室の先例、恐るべし。

もし、詳しい資料が見つかれば、また再考してみたいと思います。

【追記2:11月10日:即位の祝賀パレードということで、昨日占って気になったこと】

今日は、即位の祝賀パレードをされるということで、昨日占って気になったことを書いていきます。ダウジングで、即位パレードについて、「無事に済むか。特にその後は大丈夫か?」と質問しました。
(無事済むなら縦振りか右回り/無事済まないなら、横振りか、左回り。)
結果は、横振りで、そのまま、どんどん、横降りが激しくなっていくという結果でした。どんだけ~(;^ω^)

念のためカードを置いてみました。(写真は省略/ルーン+大アルカナタロット+ジプシーオラクル)

左:ANSUR(正)女帝(逆)Thief/Fortune/Death→右:YR(正)月(逆)Enemy/Money/Thougt/Malady

左:これで、女性宮家や愛子天皇擁立は完全にダメになりそうです。ThiefとFortuneで、やっぱり、皇統を壊すための勢力の企みだったと。
→右:ユルは、死と再生を表し、月(逆):具体的に旧宮家の親王宣下も自ずと決まっていきそうですね。
かつての企みが切られて、皇室再興の機運が高まっていく。
ジプシーオラクルでは、EnemyとMoneyが出ていて、これは皇室の財産や宝物を表しているのかな。過去に、狙っていた勢力が
月(逆)で、見えてくる。Thougt/Maladyで、精神的に参ってしまうような人たちが出てくる。
病巣的な人たちの存在が、ますます浮かび上がっていくようです。

昨日の、皇居広場での即位祝賀式典で、涙を見せたあの方、大丈夫でしょうか。ああいった場所で、涙を流されるって何か抑えが効かなくなっているようにしか見えない。
「美しい涙」「感動!」とか言ってる人は、もう少し労わった視点で見てあげないといけないよ。

雅子様をルノルマンで占うと、潜在意識の部分に【鎌】【月】【雲】と出ています。月は感情や感受性的な部分を表します。
鎌と雲に挟まれているから、常に両極端な感情に支配されているようです。暴力的になったり、ふさぎ込んだり…。
現在の縦軸には、【樹】【鞭】【月】:感傷的で、抑えられない衝動に支配されているみたいです。
彼女を担ぐ人も、残酷だと思う。

余談ですが、当日、嵐が歌った曲は、菅野よう子さんが作曲されたものだったようです。あのカウボーイビバップのOPやEDだとか、上念先生のネタでおなじみ、ゴーストインザシェル「攻殻機動隊 Stand alone complex」のサントラで有名な方じゃないですか!
なんか、汚された気分だわ…。
ちなみに、河井憲治も好きです。「めざめの方舟」のCD持ってます。



ついでに、久しぶりに、コイン易なんかもやってみたんですが、結果的に、やらないほうがよかったんじゃないか?という感じになりそう。
結果は、天山遯(てんざんとん):キーワードは退避や隠遁を意味するそうです。
要約すると、身内のことだったり、プライベートのことだったら、計画していたことを行動に移すのはいいけれど、
大きな催し物だったり、大事なことは避けるべしということみたいです。


初爻から、四爻までを読むとわかりますが、かの方たちは、逃げられないことが運命づけられているようですね。
初爻:逃げ遅れてしまって危うい、動いてはいけない→でも、動く。
二爻:自分を固く守るべき→守れていない
三爻:後ろ髪をひかれて逃げられない。病にかかったように悩み苦しむ。大事をやってはいけない→大事をやる。
四爻:感情的な執着(好愛)を断ち切って逃げる。小人は欲のために逃れることができない。

「皇后が尊号を賜っていない」ことと、重なってくる部分がありませんか(;^ω^)行き過ぎた欲は、まるで、生き地獄のよう。

でも、これも、皇室の道理によって飲み込まれていくのでしょうね。いずれ、なかったことになるために…。










Commented by aminamin303 at 2019-11-07 23:13
あみんです。
更新をありがとうございます。

画面中央に、龍の頭部を左斜め上から見た図が見えますね。
骨格のしっかりとした龍です。

南アフリカが優勝してくれて嬉しかったです。
応援していましたのでね。
秋篠宮様からの優勝カップ授与のシーンは感動的でした。

今日はこれだけ、後日新ためましてm(_ _)m
Commented by runenoyakata at 2019-11-07 23:30
あみん様
コメントありがとうございます。顔だけですけれど、綺麗に龍の形になっていたので、すごいもの見たなーと思いました。
南アフリカ、4年前の雪辱をしっかり果たしていきましたね。4年前は選手の入れ替えの時期で、ある程度日本もラッキーだった部分があったとか。でも、こんな強豪チームに対抗した日本も凄い。この授与式の和やかさ、いいですよね。皇嗣殿下の佇まいを見ていると、「あぁ、やっぱり日本の皇室なんだな。」って改めて思いました。現実派霊能者もっちーさんによれば、日本は、これから、リーダーシップを発揮して世界を引っ張っていくような存在にならないといけないそうです。秋篠宮様を見ていると、なんとなくわかるような気がします。いつも、ありがとうございます。良きこと聞きますように。
Commented by ゴネコ at 2019-11-08 00:02 x
こんばんは。
なるほど、なるほどと深く頷きながら拝読いたしました。

秋篠宮家の内親王方が旧宮家の方とご一緒になれば、うるさい議論もなく宮家の復活ということになりそうです。
眞子さまにそのようなご縁があれば、国民はKK以外なら誰でもいいわ、という雰囲気になっていますから反対などなくスーッと決まってしまいますでしょう。
そういう意味で考えると、KKのことは女性宮家の創設反対、旧宮家の復活賛成という流れの下地作りということなのかもしれません。

講談社学術文庫から『皇后考』という本が出ておりまして、書店で立ち読みしたところ、著者は上皇后には否定的な見解を持っているようでしたが、ほとんど紙数を割いてはいない。出版された時期を考えても(比較的最近の本だったと記憶しています)無理なからぬことだったのかな、と思います。
歴代皇后の足跡をたどるといった体裁をとりながら、上皇后との違いをさりげなく指摘していたような、斜め読みですが、目次などからそんなふうに察したことを思い出しました。

最近、上皇夫妻が公文書館か何かにお出ましになったという報道がありましたが、上皇后は手袋をお持ちでした。退位されたのに「御公務」なのでしょうか?
どこまで勘違いしていらっしゃるのか、どこまで自分たちのやりたいことが通ると思っているのか、となかばあきれたような次第です。

正直者が報われる時代が来る。
本当にそうなると良いのですが、一歩進んで二歩下がるというような感じがまだまだ続いていますが、最近、私自身、がんばったことが評価されるような出来事がありました。
すごい前進はありませんが、それでも励みにはなりますね。前向きにがんばろうと思います。
runenoyakata様の占いが、私の個人的なところと重なることもあり、大変に興味深く、また支えにもなっております。
この場をお借りして御礼申し上げます。
Commented by runenoyakata at 2019-11-08 00:34
ゴネコ様
コメントありがとうございます。皇室は、占えば占うほど、奥が深くて、ブログでまとめても書き足らないほどです。一般人が、いい悪いで判断できるものでもなく、皇室の長い歴史と先例という道理の中で少しずつ、決めていくといったほうがいいのかな。ハッキリ決めないことも多いのでしょうが、最終的になんとなく丸く収まるようにできているようです。これが日本の包容力の源なのかもしれません。
眞子様に関しては、例え濡れ衣であっても、自ら皇室の危機をお示しになり、皇室のために身を投じた御方として、歴史に残るでしょう。KK、そういう意味ではポンコツだったから、引き入れやすかったのかも。自ら自爆しているようだし。
書籍の紹介ありがとうございます。今度、図書館で探してみますね。上皇后という名称はそもそも、新義ですからね。今回、皇太后が採用されなかった背景には「未亡人を想起させるから」だったそうです。否定されやすい言い訳だわね。これでまた、学識ある国民が「おかしいぞ!」と声を挙げてくれれば、災い転じて…となるでしょう。
なるほど、まだご公務っぽいことおやりになっているのね。皇太后ならそうでないのに…。まぁ、本人のやりたいように周りもさせているんでしょうね。知らぬは上皇后ばかりなり。これも皇室の道理の一部です。
かつて、実力があったのに評価されなかった人たちが少しずつ注目されてきている流れはあるものの、まだまだ、夜明け前の風情ではあります。でも、確実に明けるときがやってきつつはありますから、節目を楽しみながら頑張っていきましょう。人生、上がったり下がったり。でも、見方によっては、知らないうちに、思いもよらない出会いがあったりしますから、きっと大丈夫です。ゴネコ様の支えになれれば幸いでございます。また、遊びに来てくださいね。
Commented by 日本の米は世界一 at 2019-11-08 16:40 x
みもり様、記事更新お疲れさまです。

昨日、書き忘れたことなのですが、デク様、お顔が千代の富士に似ているとの声がネット上で多数出ているんですよね。偶然とはいえ優勝を手にした国にそんな選手がいるとか話が出来すぎですw。

ちなみにタヂカラオを祀っている神社ではスポーツ向上という御利益もあるみたいです。戸隠神社にお住まいとも。

それにしても、ラグビー決勝戦、あの夫妻が出なくて本当に良かった。外人(ただし白人に限る)大好き色キチ女が表彰台に登るのをゴリ押しするのは目に見えているし、当たり前だがハグを要求(ただしイケメンに限る。ファレルとかポラードとか)、オェッ。それでもって黒人選手には握手すらしないとか、容易に想像がつく。本当に秋篠宮殿下で良かった。表彰が終わって選手たちがヒャッホイしてるのを傍から拍手しているだけのお姿はハブられてるように見えて少し悲しかったですが。
Commented by みほ at 2019-11-08 16:53 x
こんにちは、更新ありがとうございます。
本当に占の通りになってくれればと思います。
ちょっと心が折れそうになっておりました。
この11月になると思い出すのが、もう30年ほど昔まだ学生だった頃のことですがタロットで恐ろしい体験をしたことがあります。
当時同じ大学で主人と交際しておりましたが二人ともタロットを始め心霊的なものに凝っていました。
そんな11月のある日行きつけの喫茶店を出るとすっかり日が落ちて暗くなった晩秋の夕闇がとてつもなく恐ろしく感じられ一瞬帰宅を躊躇ってしまいました。時折吹く風が悲鳴のようでいつもの見慣れた町並みが雰囲気が違って見え後にも先にもこれほど不気味な夜は経験したことありませんでした。
結局、一緒にいた友人にアパートまで送ってもらいました。同じ頃主人はアパートの部屋でタロットにこうじて胸騒ぎを覚えていたそうです。
というのが友人から先だって旅行を持ちかけられており、端的に表現するとあの世からのお誘いを受けたような感じがして気乗りがしなかったそうです。
カードで旅行には行くのか?
答えNO
旅行は中止か?
答えNo
なんじゃこれは???!
死神から塔、さらに移動のカードが立て続けに出て激しく混乱、旅行はないが全員で動く?はあ?
この意味がわかったのは翌日
朝早く電話が鳴り旅行に行くはずだった友人が事故で急死の報、主人と私や友人達は喪服に着替え通夜と葬儀に参列
これ全て実話です。たかがタロットなんて侮れません。個人的に百鬼夜行も存在すると思ってるし、あの友人が亡くなった夜がいま思えばそうかもしれません。この国と皇室が良き方向にいきますように

Commented by runenoyakata at 2019-11-08 17:10
> 日本の米は世界一様
コメントありがとうございます。早速、千代の富士を検索かけてみましたが、あぁ、確かに俯いた表情が似ていますね。千代の富士はウルフって呼ばれてましたが、デクラーク選手も、相手選手に突進していく時は、まるで猟犬のようなしなやかさがあります。日本なら甲斐犬ですね。自分よりも大型の鹿や熊に立ち向かう勇ましい犬です。https://www.youtube.com/watch?v=HqxVEDCuhyk 戸隠神社は有名ですね。地元からは離れていますが、あそこは天岩戸が飛んできた場所としてパワースポットになっています。なるほど。スポーツ必勝で来られる方もいるのもそのためなのにね。
ほーんと、自称コーゴー様がお出にならなくてよかったです。各国の国賓に対して、異常な密着も甚だしいチークキスが「親しみを込めている」とか言ってる人は、常識を見直したほうがいいと思うの。品性がなさ過ぎて、ゲンナリするもん。
>それでもって黒人選手には握手すらしないとか、容易に想像がつく。
そういうことをするから、饗宴の宴には、皆、副大統領だとか、補佐官みたいなのしか来なかったんじゃないかしらねぇ。アフリカ諸国に至っては、オールスター副大統領だったとか。

秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻が出てくれたことで、場が清められて、全般的に清々しい雰囲気がありました。そばから拍手。秋篠宮様らしいといえば、秋篠宮様らしいですね。表彰式の雰囲気から、おそらく、選手たちは、皇室を代表されている秋篠宮様とは対等でないというのを直感的に悟っているようにも思います。なので、一緒に肩を組んで~は憚られたのかも。
そこがイギリス王室と皇室の違うところかもしれないです。
Commented by runenoyakata at 2019-11-08 17:21
みほ様
コメントありがとうございます。まぁ、私のタロットは、当たらずとも遠からずなので…。ただ、自称、令和式のコーゴー様の状況見ていますと、全て当てはまっているような気もします。(精神的に不安定だとか、ふさぎ込むとか)
大変な経験をされたのですね。まるで蟲の知らせのようなお話です。人間の直感は案外馬鹿に出来ないものです。ご友人は、運命を受け入れるしかなかったかもしれません。痛ましい限りですが…。(この場を借りて、お悔やみ申し上げます。)
その経験は、きっとみほ様のお役に立つと思います。今後もし、胸騒ぎを感じるようであれば、どうか、占いで、気持ちを整理してみてくださいね。
自分のためにもなりますし。時には人を助けることにもなります。ぜひ、生活の知恵としてお役立てください。これからの時代、占いは、必要なスキルになっていくと思っています。私も、人間の霊的な部分や魂というのは存在していると思っています。(見えるほうではないので、あまり、怖いとは思っていません。あるようにあるなとだけ)
私からも良きこと聞きますように。
Commented by サクラコ at 2019-11-11 00:46 x
みもり様、更新ありがとうございます。大嘗宮の茅葺きについての記事で茅に霊力があるという書き込みがあったので、検索すると、水も少し関係あるみたいです。
奥が深いな、という感じですね。
https://www.megurilab.com/?p=3795
茅葺きにしなかった意味、浄化もしなくていいわ、ってことなのかも。なんだかもう、神様を信じるとか感じるとか、全く期待されてないんだな、と思います。
Commented by 十六夜 at 2019-11-11 08:34 x
初めてコメントさせていただきます
いつもブログを興味深く読ませていただいています
昨日、ツイッターのTLにこんなツイが流れてきて、この一連の流れは必要なことだったんだ!と妙に納得してしまいました
ご参考までに
https://twitter.com/hoyaminabe/status/1193188311310848000
Commented by runenoyakata at 2019-11-11 09:30
サクラコ様
コメントありがとうございます。リンクも拝見させていただきました。神社では、茅の輪くぐりなんていうのも、ありましたね。なるほど、生命の循環や疫病から守る意味があるとすれば、新義を行う今上においては、守りがないと神様が判断されたのかもしれませんね。
コイン易には、上卦と下卦があるのですが、今回のパレードについての卦は、上が乾(天)とても、晴れている状態=大気が乾燥する。
下が、艮(山)で、障害物や頑固さを表します。なので、一連の火事は、このパレードについての答えではないかと思います。ここのところ、晴れたのも、ナルさん一家は、終わり…焼き尽くすってことでしょうからね…。
Commented by runenoyakata at 2019-11-11 09:30
十六夜様
コメントありがとうございます。興味を持っていただき、感謝いたします。ツイッターのTL拝見させていただきました。なるほど。やはり皇室の時間は気が長いですね。敢えて、尊号を与えず皇后とお呼びするのは、天皇皇后を並び立たせ、道理の中に組み込んで、長い時間をかけて、「絶やしていく」ということですか。やはり、常人が入り込んで、その権威を悪用してはいけないということですね。怖い怖い(;^ω^)
Commented by aminamin303 at 2019-11-11 13:20
あみんです。 こんにちは。
昨日のパレードですが、15分を過ぎた頃から観ました。夜のニュースで、ご出立の映像が流れていて、二人の直ぐ後ろに秋篠宮殿下妃殿下が控えておられたのですね。パレード終了後御所に到着、君が代が終り中に入る時に雅子さんが秋篠宮様の方に目を向けて会釈?していました。二人に続いて中に入られる秋篠宮ご夫妻の後姿を拝見して、あの二人は「天皇皇后」という呼び名は与えられたけれど、秋篠宮様ご夫妻の掌に乗っかってしまった状況なのでは?と、見えてしまいました。秋篠宮ご夫妻は、あくまでもあの二人をサポートする立場にあるとのご認識かも知れませんが、私には既に秋篠宮様の御代に…ではと。
雅子さんのあの涙は、ちょっとねぇ、あの人これまでも公の場で何度も涙を見せましたけど、立場をわきまえた気持ちのコントロールが出来ないのでしょうね。大嘗祭も形通りに何とか終えて、その後旧宮家に関する要望書の提出、来年4月19日の立皇嗣子の儀。一歩ずつ前進していますね。眞子さま佳子さまが旧宮家の男性を婿養子に迎えられ、秋篠宮家常陸宮家を継いで下されば良いのにと思っています。
「天手力男神」が、ラグビー日本代表説は、私もそうだと思います。力と知力、両方持ち合わせていますもの。表彰式の秋篠宮様を拝見して、和やかで品のあるお姿に昭和帝の面影を感じました。
「棒」のカードがフラミンゴに見えるけど見間違いでしょうか? 新しいカードですね^^
良きこと聞きますように。 
Commented by runenoyakata at 2019-11-11 16:22
あみん様
コメントありがとうございます。ツイッターで情報を拾っていましたが、パレード、思ったよりも早く終わったようです。晴れているせいか、一見綺麗に見えるんだけれど、よく見ると、マサコさんのドレスがねぇ…。結婚式の時のものをお召だったのかな?襟元のヒラヒラが、見ていられませんでした。年齢よりも老けて見えるし、「本当に、皇室の人なのかしら?」って思いました。
あぁ、あの時、秋篠宮様に会釈されてしまったの?まぁまぁ。完全に手のひらですね。運転手にも会釈してて丁寧って言ってたけれど、余計なことをしちゃって…。おさぼりが過ぎちゃうと、歴代の天皇や皇后の所作や品格、生き方について学ぶこともなかったのでしょうね。私は、もうすでに、秋篠宮様の御代に入られたなと思っています。だって、「令を和するのは、皇太子=皇嗣子の役割」なんですもの。今年の即位に際してのご挨拶のときだって、秋篠宮ご一家に挟まれて、なんだかジワジワと皇室に取り込まれて、消えていくようにしか見えませんでした。マサコさんの涙。私は、ユングタロットのPersonadarkというカードを思い出しました。よほど、精神的に不安定なんでしょう。重すぎる役割に耐えられずに割れていく仮面。多分、夜も眠れていないのではないかしら。
本当に一歩ずつです。眞子様は濡れ衣の誤婚約を延期されているから、旧宮家復帰と正式なご婚約に関しては、少し遅れ気味かもしれないけれど、来年の後半くらいから話が進んでいくのではないでしょうか。ダウジングで占うと、中々一点から動かないんだけれど、少しずつ右回りに動き出していくかんじでしたから。全ての順序を追って、それでも確実に動いていくでしょう。平成では約30年続きましたが、皇室にとっては、「たった」30年なんですよ。だから、1年や2年は、そこまで長くない…。ゆっくり待ちましょう。
フラミンゴは、剣ですのよ(*´▽`*)不思議の国のアリスタロットは、ペンタクルが、オイスター。棒は、ペッパーミル、カップは、シルクハットなんです。私からも良きこと聞きますように。
Commented by 日本の米は世界一 at 2019-11-12 16:44 x
みもり様、またまたお邪魔します。

嵐が歌った曲の作曲者が菅野よう子、ですか。この人以前からインスパイアw疑惑がある(というか検証動画見たらモロだったw)んですよね。以下参考URL
https://www.nicovideo.jp/watch/sm1255834?
あーあ、としか言いようがないです。実は、パプリカって上白石萌歌が歌ってるバージョンがあって、それのアレンジをしたのが菅野さんなんですけど、Foorinに食われて完全に空気(知らない人も多そう)だったりもするんですよね。調べたら金杯陰間wが震災チャリティーで使った花は咲くもこの人の作詞作曲。歌った方も作曲した方も様々な方向でケチついてるような気がしてなりません。
Commented by runenoyakata at 2019-11-12 17:11
日本の米は世界一様
コメントありがとうございます。ニコ生動画もありがとうございます。うわ~…マジか。聞きましたけれど、まるっきり同じなとことか、やばいですね。攻殻機動隊とビバップが汚れてしまったわ。マトリックスとか、nujabesまで…なんか知らなかった分、ショック(;^ω^)まるっきり同じとか、自称銭湯絵師のおねーさんと変わらないじゃないのよ。
いやー。今知ってよかったっす。「花は咲く」、()、震災チャリティー…、同じものは結びつきますねぇ。ケチがついても自業自得だな。これは…。
Commented by at 2019-11-13 19:39 x
runenoyakata様

こんばんは、先日はお世話をお掛けしました。
もうご存じかもしれませんが、出雲大社で瑞兆があったようです。

出雲は『神在月』ですね。
何か良いご縁談が決まったのかもしれませんね。


■【画像】出雲大社で鳳凰のような雲が目撃される | もえるあじあ(・∀・)

https://www.moeruasia.net/archives/49655502.html


よきこと聞きますように

Commented by Eki-MAJO at 2019-11-13 20:15 x
みもり様、こんにちは。

http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5556305.html

remmikki様の記事なんですが、日本全国から大嘗祭のお供物の記事。美味しそう。

私、お供物の再利用を言い出したのは食い意地の張ったマタコサマじゃないかと思ってる。
宮内庁正義派は、内心「やった!」と喜んでいるんじゃないの?(笑)

宮中三殿の神様の気が入ったお供物のお下がりなんて、羨ましいわぁ。(笑)

それと、やたら涙を流すのは、感情失禁と呼ばれる状態らしい。
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/basic/cerebrovascular/

脳血管性認知症の症状らしい。ああ、お察し。愛子天皇待望論とかマスゴミでやらせても、一向に盛り上がらないしね。
雅子さま、パレードの時、ドレスの下に防弾チョッキを仕込んでいた?そりゃ、涙も出ますよ。

それから、桜を見る会で、安倍さんは災難だけど裏で工作したのは石破?と言われている。ゲル石破も北の貢女外交に落ちたチュサッパの疑いが…

ムンムンを擁護する青○理も疑わしい。
「チュサッパ」というキーワードで、ここまで繋がるかとため息が。
(デ○ィ夫人が、ナルさんの○太子運動をやっていたのは仲間割れか、目くらましじゃないかと疑っている)

こういう人たちは、韓国は悪く言っても北は悪く言わない。なるほどねぇ。

https://www.youtube.com/watch?v=z64HCi2rQkE

川合憲治で思い出した。攻殻機動隊GOHST IN THE SHELLの挿入歌。

これ、歌ってるのは民謡の歌手の方がたなんだよね。素晴らしい。

「とおかみえみため」って、実は祝詞です。気づいた?
(遠神は天照大神のことらしい。謎の文句で意味はよく分からず)

攻殻機動隊みたいな無国籍なアジア的な日本になるのは、私はゴメンですがね。

五輪マラソンでやたら、札幌をディスるのも日本国内の分断工作?とか疑ってます(笑)。

気になった点を、お知らせを。

よき流れになりますように。

Commented by Eki-MAJO at 2019-11-13 20:52 x
みもり様、追伸です。

藤原明子、染殿(そめどの)の后、この方はお美しかったが、当時のスキャンダル・クイーンって感じでしょうか?

https://hon-yak.net/20-7/

今昔物語にあるが、鬼と交わったといわれる方です。
(よく勉強されましたね~)

そういうお方には、国母となっても(清和天皇の御母)、称号を与えないのが、宮廷のやり方だったのかな?

中世では、中宮(皇后)や国母となる方には「門院」の称号を賜りました。

上東門院・藤原彰子(藤原道長の娘)とか、建礼門院・平徳子(平清盛の娘)とか。

身分は低くても、天皇に寵愛され親王をお生みになって、国母となれば門院の称号を賜る方も。建春門院・平滋子がまさにそのケース。

門院の称号は、禁中の門の名前によるそうで、由来とかはわかりません。

未婚の内親王で賜るケースも時にあります。
門院の称号を得ると、専門の役所ができ、経済的に非常に優遇されるそうで。

なので、皇后の称号を賜らないお方はダブルM子が初めてという訳でもない。

なるようになる、としか。皇室の黒歴史として埋もれてゆくんでしょう。

良きこと聞きますように。( *´艸`)

Commented by runenoyakata at 2019-11-13 23:03
菊様
コメントありがとうございます。いえいえ、お気になさらず。素敵な画像ありがとうございます。おおお。立派な鳳凰が、社殿にかかっているように見えますね。眞子様と佳子様がお綺麗になられましたし。女王様方も、ご結婚されるかもしれませんね。なんとなく、彬子様や瑶子様も決まられたのかなというのが、先の即位礼で感じたことです。

私からも良きこと聞きますように
Commented by runenoyakata at 2019-11-13 23:30
Eki-MAJO様
コメントありがとうございます。今日、諏訪はやけに突風が吹くなと思ったら、そうだった。明日から大嘗祭でした(;^ω^)
リンク先、拝見しましたが、お供え物いいものばかりだなぁ。流石、食欲妃と言われるだけあって、食べることだけは…。やけに、礼儀正しいとか持ち上げれるし、運転手に会釈だのいちいちいい子ぶりっこだなと思っていましたが、エコが~。って言い出したの彼女かもね。
感情失禁、なるほど、やはり彼女、相当悪いな。ナルさんの表層意識に、【棺】【ハート】【淑女】と出ていました。現在には、【子供】【道】【雲】と出ていて、愛子さんはおられない。縦軸に【ハート】【道】【山】で、かなり孤独な感じになってる。(皇后という形では、許されていない。もしかすると、マサコさん愛子さんとご一緒にお住まいになっていないのかもしれません。【もうすでに、マサコさんは、入院状態みたいな感じかも】)そりゃあ、マスコミが盛り上げようとしても難しいでしょう。
確かに、背中が逞しすぎましたからね。まぁ、あれは太りすぎもあるんだろうけれど…。
くだらない野党の攻防の裏に石破さんありか。あの人、本当に人相悪くなりました。私、テレビに出ている北のコメンテーターの有名どころは、チュサッパの影響があると思う。長年北の生活の状況だの、喜び組だの、北の将軍をメディアを使って日本に流してきた手口って、洗脳みたいなもんだったんではないでしょうか。強烈な映像そして、繰り返し同じ映像を流すほど、洗脳に使えるものはありませんからね。分断工作。本当に好きですよあいつら。道州制も、一見聞こえがいいけれど、あれは日本では難しいと思う。維新も色々だなと思うこの頃。

>攻殻機動隊GOHST IN THE SHELLの挿入歌。これ、歌ってるのは民謡の歌手の方がたなんだよね。素晴らしい。
そうなんですよ。有名な民謡歌手の方々が歌われているそうです。祝詞なのは、知りませんでした。でも、全体的な節回しは、祝詞みたいだなーとは思っていましたが…。
私も、日本がブレードランナーのような世界になるのは御免です。(ゴーストインザシェルは、かなりブレードランナーの世界観が入り込んでいます。)でも、草薙素子と公安9課は必要だと思います。続きます・
Commented by runenoyakata at 2019-11-13 23:46
続きです。
リンク先拝見しました。藤原明子、何か上皇后様と近いものを感じます。歴史は繰り返すというか、何というか。魔性の女こそ、国難や災難の最たるものと思いますね。
なるほど、やはり、素行だとか性格だとか、国母となられる条件ってあるんだなぁと思います。確か、上皇后様は、帽子の被り方を他の皇族女性から注意されたのに、全然聞く耳を持たなくて、誰も何も言わなくなったというエピソードがあったような…。
印象的に、皇室の周りの人たちが、自然とまぁるく決めていく感じがします。
なるほど、ちゃんと、先例はあるんですね。そして、そういう方々は、それなりの対応をして、史実に残すことで後の子孫たちに考えさせるようにしているのでしょう。ただ、やっぱり皇后とお呼びするのは、いかがなものなんでしょう。ただ、読者様のツイッターを読むと、どんなに悪い妃であっても、離婚をさせない意味が見えてきました。
https://twitter.com/hoyaminabe/status/1193188311310848000魔女様がおっしゃっていた、上に上がってもらわないと…ということなんですね。やはり、位打ちは恐ろしい。そして、皇室の道理は上手くできているとつくづく思います。私からも、良きことを聞きますように。
Commented by サクラコ at 2019-11-14 00:03 x
こんばんは。
嵐の曲、面倒なので歌詞だけ読みました。ナルさんに気を使ったんですね。でも、「ひとしずく」というのが個が力になりつつある現代のようだと思いました。水に例えているんだけど、なんだか色々疑問を持った人が集まる場所を見つけられるネット社会のよう。
それに今年は「岩」という言葉はラグビーを思い出してしまう。https://www.moeruasia.net/archives/49655502.html

今、デヴィ夫人占おうとしているのですが、土曜日の在阪局の番組で、夫人はすごく石破さんを誉めていました。ここに至ってこの人を推すなんて…北にとっては石破さんがいいってことかな?と思います。あと、進次郎氏も好きみたいです。時々、保守の真似しているんだろうな、と思います。
ついに今日が14日ですが、13日の夜から雨です。昼は晴れていたのですが。少し、気が重いです。
Commented by runenoyakata at 2019-11-14 01:30
サクラコ様
コメントありがとうございます。水に関することを嵐というグループ名の方々が歌うって、何の皮肉かと思いましたが、なるほど、「個々の時代だから、どう思われているか、よく考えてね」というメッセージだったかもしれませんね。岩は、不動を表しているよう。水に流される中にあるもの達の中で、しっかりと耐えて、受け止め、静かに見守るような…。本当に、今年のラグビー開催は運命のような巡り合わせを感じさせました。
(二宮君、結婚おめでとう。わけのわからないジャニーズのルールからどんどん自由になる方たちが増えますように)
デヴィ夫人、韓国に苦言を呈しているけれど、あれって、北の将軍様の態度そのものですよ。保守の真似というよりも、保守の広告塔狙いなんでしょう。彼女、テレビでは常識人気取りでモノをいってますから、真面目なテレビ視聴者に「デヴィ夫人、いいこと言ってるな~」って印象を持ってもらうことで、徐々に引き込んでいくのが目的ではないかと。特に保守層であったり極右がねらい目なんじゃないですかね。そういう意味では、上手いですが、胸糞悪いです。(占い楽しみにしております。)
確かに、天気が落ち着きませんね。台風26号がまた発生したそうですから。
おすすめとしては、温かいお風呂にしっかりつかる。(バスソルトを入れたものがおすすめ)
一番おすすめなのは、時間のある時に日帰り温泉に行く。(近所の銭湯でもいいでしょう。)=私は、即位のパレードの前に、頻繁に家族や子どもと近所の温泉へ行っていました。即位礼の1週間前から、夕方ずっと吐き気と頭痛に悩まされていましたが、温泉を習慣づけたら、そういったことが無くなりました。
それから、最近だと、お香で空間を清めるようにしています。これは、お線香でも効果ありかな。タロットカードやオラクルカードもついでにお清めしています。

まぁ、気持ちを楽にもちましょう。次回に書きますが、あの方たちはふさわしい方向に行きます。あとは彼らの様子をみて、国民がどう気づいていくかだと思いますからね。良きこと聞きますように。
Commented by at 2019-11-14 10:39 x
runenoyakata様

お早うございます。
ブログの趣旨とは異なるとは思いますが、
気になるニュースがありましたのでお知らせします。

ChinaはSARSを世界中に輸出した国です。
日本を舞台に、様々なテロ実験を行なっています。
(最近では、空港、水、ドローン事件)
インフルエンザ流行の季節でもあります。
肺ペストテロも視野に入れておいた方がいいかもしれません。


■北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3254629?cx_part=top_latest#default

■ペストとは:国立感染症法研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/514-plague.html


杞憂で終わりますように。

Commented by アミ at 2019-11-14 14:42 x
いつも、ためになるお話を、ありがとうございます。
>即位礼の1週間前から、夕方ずっと吐き気と頭痛に悩まされていましたが

最近、私の家の周りでも、カラスがいつもより騒がしく鳴き続けていて、不穏な雰囲気なんです。やはり、動物たちも、本能的に良くないものが満ちているのを感知しているのでしょうか?

主様に教えていただいた、温泉入浴での邪気払いを、今日から試してみます。ありがとうございます。
Commented by runenoyakata at 2019-11-15 01:19
> 菊様

こめんとありがとうございます。チャイナは、本当に疫病の塊ですね。とにかく、日本も注意するしかありません。官邸にメールして、お願いしましょう。香港では人が警察官によって殺され、さらにイギリスも介入の意向を示しています。来年は、安全保障という形で米中は争っていく構えですから(ただし、どうなるかは分からない。)、日本も経済循環を良くしてチャイナ資本に、企業や土地の買収をこれ以上されないようにしないといけないと思います。
最近、一連の災害(台風を始め、阿蘇山での爆発、地震など)は、覚醒の過程なのだと感じます。日本は、まだ神様がいるんですね。どうか、少しでも日本人たちがお花畑から脱しますように。

Commented by runenoyakata at 2019-11-15 01:29
> アミ様
コメントありがとうございます。あの方たちが、お出ましになると事前に天気が崩れるようで、敏感な女性や子供は、特に影響を受けるように思います。彼らの災害は水ですから、冷やさないようにするという意味で、火にかけた水=お湯が効果的なようです。温泉が無理なら、粗塩を入れて入浴されてもいいですよ。(お肌と相談していくださいね)

温泉は地熱です、地のエネルギーをいただきますから、精神的にも安定するような気がします。

動物は、本能的なものが人間よりも強いですからね。犬があらぬ方向に唸っているとか結構馬鹿にならないと思いますよ。

Commented by runenoyakata at 2019-11-15 01:39
非公開コメント様
コメントありがとうございます。念のため、いただいたコメントはメモ帳にコピペして、ブログコメントは削除させていただきました。色々あろうかとは思いますが、今、こうやってあの思想の関係者があぶり出されていることは、悪いことではないと思います。チュサッパたちは、一見、耳障りの言いようなグループに所属し、もともとあったその団体の思想までも捻じ曲げて乗っ取ります(日教組も元は悪いものではなかったそうです。)いいことを言いながら、周りを取り込んでいきます。真面目で、優しい人ほど付け込まれますから、本当に注意したいものです。私が気を付けているのは「いいことを言っているのに矛盾したことをいう人たち」ですね。例えば、森永卓郎のような人物です。あの方、9条信者で、「かつて、日本人という心優しい民族がいたという過去があって、日本がなくなるなら、それでいいじゃないか」的なことをいっていたとか。やっぱりメディアに出る人は本当に注意してみないといけないですね。
Commented at 2019-11-15 07:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アミ at 2019-11-15 11:11 x
runenoyakata様

丁寧にアドバイスいただき、ありがとうございます。
令和には、体を温めることが有効なのですね。早速、温泉の素を買ってきました。 後、ホットココアや生姜湯なんかも意識的に飲むようにしたいと思います。

大嘗祭が終了しましたが、成功したのかどうか、私たちでもわかる、何か合図のようなものはありませんでしょうか? 秋篠宮家の皆様も参列されたようですので、神様が
そちらの方に降りられたらいいのに、とつい思ってしまいますが・・・
Commented by runenoyakata at 2019-11-15 19:59
アミ様
コメントありがとうございます。無理のない範囲で、生活に取り入れることができるものを心掛けてみてください。あとは、ほっとする時間を作ることを大事にしてもいいかも。それから、体調が思わしくない時は、不安な情報は、あまり取り込まないようにするというのも、私の心がけていることです。女性の場合ツキの物がありますからね。
大嘗祭後ですが、この後は、不吉なことはナルさんに背負ってもらって、皇室が戻っていくことになるでしょう。一応、天皇皇后という形が整いましたから、後は時間とともにあの方たちは朽ちていくだけです。ナルさん一族は男児がおられませんからあれでもう、終わりなんです。そして、皇室の先例と時間の長さに耐えられないでしょうから、そのうち、見えてきますよ。覚悟しましょう。
by runenoyakata | 2019-11-07 22:49 | 占ってみました | Comments(32)

タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。天気予報のような感覚でお楽しみください。


by runenoyakata